« 橋下発言によって消された大きなニュース。 | トップページ | 生活保護費削減決定。強気を助け弱気を挫く国に未来はない。 »

2013年5月15日 (水)

沖縄本土復帰の日に際して思うこと。

 今日、5月15日は41年前(1972年)沖縄が本土復帰をした日だ。まだ私は小学3年生。この年は真冬にあさま山荘事件があったり、秋にはジャコビニ流星雨(結局、ほとんど見られなかった)があったりと、私にとっても印象深い年だった。

 しかし、恥ずかしながら、沖縄が本土復帰を果たしたニュースは覚えていない。小学校に入った頃には、南沙織さんが歌手として一世を風靡していたから、沖縄は当然、日本領だと思い込んでいた。サマーランドで彼女のショーを見たことが懐かしい。

 それから大人になるにつれて、沖縄のことについてはいろいろ知ることになるのだが、ここでも自分の無知がさらけ出す。沖縄は確かに基地問題で周辺住民の方々は大変な思いをされているのだろうけど、基地があることで経済が回っている面もあるのではないか?と。遠目で見れば、沖縄の経済基盤は観光と基地関連事業ぐらいだと勝手に思い込んでいた。そして人の身になって考えなかったから、そんな浅はかな認識になっていたのだ。まさに汗顔の至りだ。

 沖縄は先の大戦で多くの死者を出した上に、今なお、実質的には占領下に置かれているような状況だ。何といっても日本にある米軍施設の4分の3が沖縄にあるのだ。我々、本土の人間はこうした犠牲の上に、一応、独立国家という形をとっているに過ぎない。昨今の中朝韓との緊張状態は、ますます「沖縄基地は重要だ」という論調を醸しだす結果になっている。それで良いのか?出来る限り、沖縄の人達の負担が軽減されることを望みたい。そして、いつかはあの自然豊かな沖縄に行ってみたいものだ。

« 橋下発言によって消された大きなニュース。 | トップページ | 生活保護費削減決定。強気を助け弱気を挫く国に未来はない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57390679

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄本土復帰の日に際して思うこと。:

« 橋下発言によって消された大きなニュース。 | トップページ | 生活保護費削減決定。強気を助け弱気を挫く国に未来はない。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ