« 北茨城でのシラス漁再開と、福島第一原発の地下水放出予定のニュースを読んで思うこと | トップページ | 「ヘイトスピーチ『憂慮に堪えない』谷垣法相」(朝日新聞Web)の記事を読んで思うこと »

2013年5月 8日 (水)

「女性手帳」を配る前にやることがあるだろう。

 アベノミクスとやらで円安株高になり、輸出企業や金融関係は札束が飛び交う勢いのようで、もう安倍政権はやりたい放題の感じがする。もちろん、今までの円高株安が異常だったので、現在の水準は元に戻っただけだとは思う。しかし、それを隠れ蓑にするかのように、おかしな政策がいろいろと出てきている。その一つが「女性手帳」の配布だ。 

 【朝日新聞より抜粋】少子化対策を検討する内閣府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」は7日、妊娠・出産の正しい知識を女性に広めるための「生命(いのち)と女性の手帳」(仮称)の導入を提案することで一致した。内閣府などの関係省庁は今夏にも検討会議をつくって手帳の中身を詰め、来年度中に自治体を通して配り始める方針だ。 

  どういった有識者がいるのか分からないが、所管省庁の覚えめでたい方々がこういうことを決めたのかと思うとガッカリする。そもそも現在の少子化なんて、自民党政権の賜物ではないか。なぜ少子化になったのかなんて、素人でも分かるだろう。大まかに言えば、1億総中流が崩れたからに他ならない。

 新自由主義によって、いやおうなく競争させられるのだ。勝った者が厚遇を得て、負けた者は年収100万円でも良いなどということを日本有数の億万長者が平気で言う時代だ。負け組には子供なんて望めないじゃないか。夢も希望もないじゃないか。今を生きることが精一杯なんだ。私を含めて、そういう人が増えているのだよ。

 それに、この女性手帳の話、甚だしく女性を侮辱している。まるで「貴女方は知識がないから、子供を産もうとしないのですか?」って言われているようだ。子供を育てやすくする環境が整っていなくて何が少子化対策だ。

 「驕れる平家も久しからず」。大手マスコミを手下にしてしまえば、何でもやれると思うのは大間違いだ。負け組を馬鹿にするにもほどがある。きっと、その傲慢さが仇となる日が来ることだろう。

« 北茨城でのシラス漁再開と、福島第一原発の地下水放出予定のニュースを読んで思うこと | トップページ | 「ヘイトスピーチ『憂慮に堪えない』谷垣法相」(朝日新聞Web)の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57339355

この記事へのトラックバック一覧です: 「女性手帳」を配る前にやることがあるだろう。:

« 北茨城でのシラス漁再開と、福島第一原発の地下水放出予定のニュースを読んで思うこと | トップページ | 「ヘイトスピーチ『憂慮に堪えない』谷垣法相」(朝日新聞Web)の記事を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ