« 「原電、『賢明な判断』要請 規制委に、報告書は『不適切』」(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 右肘を骨折してしまいました。 »

2013年5月18日 (土)

橋下大阪市長の「昔の従軍慰安婦容認?」発言について思うこと

 私は記者クラブメディア不信から、政治家の発言を一部だけ切り取ってバッシングしたり、メディアスクラムを組んで世論を扇動し辞任に追い込んだり、あるいは検察と一体化して法廷に引きずり出したりするのは大嫌いだ。だから、今回大きな問題になっている橋下発言についても、言及するつもりはなかった。

 しかし、市長の相次ぐ反論ツイート(リツイートされたもの)を見ると、私も自分の思いを書いておく気になった。個人的にはマッチポンプのような気がする。そもそも何故、このタイミングで大阪市長という立場で従軍慰安婦問題についてのコメントをしたのかがよく分からない。記者からしつこく質問されたとしても、「市長としての立場では答えられない」とでも言っておけば良かったのではないか。

 市長はこれまでメディアを上手く使って、ここまでのし上がってきた。おそらく韓国側が執拗にこの問題を取り上げるものだから、ひとこと言っておこうとでも思ったのかもしれないし、取りざたされているように支持率低下を気にして目立っておこうと考えたのかもしれない。いずれにしろ、市長は私なんかよりはるかに頭が切れ、そしてある意味狡猾な人間なのだ。ひょっとしたら、ここで市長を辞職して、参院選に打って出るタイミングを計った可能性だって否定できない。なにわともあれ、この問題を政争の道具にすることだけは止めて欲しい。

 私自身、従軍慰安婦問題については韓国側の見解と日本側の見解が分かれているので正確な判断は出来ないけれど、被害を被った人達がいることは間違いないのだから、批判されるのはやむを得ないだろうと思う。この問題を未来志向で解決しようとするなら、被害者側が納得のいく結論になるかどうかは分からないが、日韓の識者で共同研究して見解を統一していくしかないのではないだろうか。

 とにかく戦争というものは、人間性を大きく狂わせることは間違いない。昨今、きな臭い雰囲気が漂い始めているような気がして不気味だ。

« 「原電、『賢明な判断』要請 規制委に、報告書は『不適切』」(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 右肘を骨折してしまいました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57411934

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下大阪市長の「昔の従軍慰安婦容認?」発言について思うこと:

« 「原電、『賢明な判断』要請 規制委に、報告書は『不適切』」(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 右肘を骨折してしまいました。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ