« 学生時代にこういう本があったら、もっと古文が好きになっていたかもしれない。「一日で読める『源氏物語』」(吉野啓輔著・PHP文庫) | トップページ | 沖縄本土復帰の日に際して思うこと。 »

2013年5月14日 (火)

橋下発言によって消された大きなニュース。

 今日は橋下大阪市長の「慰安婦やむを得なかった」発言や「米軍は風俗利用を」というニュースが占めているけれど、本来ならもっと深刻なニュースがあった。それは昨日、東京新聞が伝えた「高速増殖炉もんじゅで一万点もの部品に点検漏れがあった」というニュースだ。

 確かに橋下市長の発言は国内でも批難轟々、そして中韓の心証を悪化させる重要なニュースだけれど、直ちに人命にかかわる問題ではない。しかしながら、高速増殖炉もんじゅでの点検漏れについては、一歩間違えれば大惨事を引き起こしかねない重要な問題である。これが大ニュースにならないのは絶対におかしい。

 橋下市長がこのことを意識して発言したのかどうかは分からないけれど、おそらく多くの人達は、高速増殖炉もんじゅが如何に怠慢な状況だったかなど気にも留めないだろう。そう思うと、橋本発言をスケープゴードにして、このニュースを消そうと画策した人達がいるのかもしれない。

 もっとも、私がこんなことを書くと、「それは妄想です。ひょっとしたら被害妄想、いや病気なのかもしれない」などと言われるかもしれない。でも、2年前の原発事故以降、大手メディアが原子力村の住人であることが分かってから流れるニュースをみてみると、国や電力会社に配慮しすぎた報道が多過ぎるではないか。原発関係について真っ当に記事にしているのは東京新聞ぐらいで、その他は完全に大本営発表をそのまま流すだけだ。

 敦賀市の高速増殖炉もんじゅも動かない、六ヶ所村の核再処理工場も動かない、核燃料サイクルは完全に破綻している。そうすると、使用済み核燃料(核廃棄物)が溜まる一方になってしまうのは、素人の私でさえ目に見えている。この核廃棄物はどうするのだ。未来人につけを回すのか。ちゃんと、そうしたことも含めて再稼働するかどうかを決める必要があるのではないか?

 あれほど過酷な事故があり、今なお数十万人の人が家に帰れない状況が続いているのに方針転換できないなんて、この国を動かしているエリートたちは気が狂っているとしか言いようがない。多くの人達がこの欺瞞に気付くことを願う。

« 学生時代にこういう本があったら、もっと古文が好きになっていたかもしれない。「一日で読める『源氏物語』」(吉野啓輔著・PHP文庫) | トップページ | 沖縄本土復帰の日に際して思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57383991

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下発言によって消された大きなニュース。:

« 学生時代にこういう本があったら、もっと古文が好きになっていたかもしれない。「一日で読める『源氏物語』」(吉野啓輔著・PHP文庫) | トップページ | 沖縄本土復帰の日に際して思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ