« 第5回 アフリカ開発会議について思うこと | トップページ | 「復興予算、雇用でも流用 被災地以外に1千億円」(朝日新聞)の記事を読んで思うこと »

2013年6月 2日 (日)

松山英樹プロが国内トーナメント2勝目を挙げたことについて、思うこと。

 男子ゴルフトーナメント・ダイアモンドカップは新人の松山英樹選手が優勝した。なんと5戦して早くも2勝目だ。彼の成績を見てみると、初戦こと10位タイだったが、2戦目優勝、3戦目2位、4戦目2位タイだ。とても新人とは思えない。もっともアマチュア時代からマスターズ予選を突破したり、国内トーナメントで優勝したのだから実力は十分ある。

 日本ゴルフツアー機構のHP(http://www.jgto.org/pc/)には、彼のパフォーマンスチャートというものがある。これを見ると、面白いことが分かる。ドライビングディスタンスやフェアウェイキープ率は50位前後なのに、パーオン率、パーキープ率、が5位前後になっている。このことは、セカンドショット、サードショットが他のプロを圧倒しているということだ。ここに彼の強さがあるのだろう。きっとファンも増えてい行くに違いない。

 ただ、気をつけなければいけないのは、日本のマスコミと変なタニマチに捕まらないことだ。ちょっと成績が良ければ持ち上げ悪くなれば無視する。プライベートを追いかけたり、変なイベントやゴルフマッチ等にかり出す。これでは心身ともに疲弊してしまう。典型的な例が石川遼プロだ。

 今、彼は向こうへ行って艱難辛苦の思いをしている。日本ツアーとはコースセッティングの難度がはるかに高いのだから慣れるまでは仕方ない。この経験が将来きっと役立つ日がくるだろうが、いろいろな縛りがなければもっと早く参戦できて、今頃は成長していたかもしれないのだ。そう考えると、彼をゴルフ界のアイドルに仕立ててしまったメディアの罪は大きい。

 松山選手のインタビューを聞いていると、おそらく頭の中には「日本のトーナメントで勝って賞金王を獲る!」ではなくて、本場アメリカの、しかも「メジャー優勝!」がある。早く向こうの出場権を獲得して挑戦して欲しい。そして、いつかメジャーでこの二人が最終日最終組で回るのを見せて欲しいと願う。

 

 

« 第5回 アフリカ開発会議について思うこと | トップページ | 「復興予算、雇用でも流用 被災地以外に1千億円」(朝日新聞)の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57512308

この記事へのトラックバック一覧です: 松山英樹プロが国内トーナメント2勝目を挙げたことについて、思うこと。:

« 第5回 アフリカ開発会議について思うこと | トップページ | 「復興予算、雇用でも流用 被災地以外に1千億円」(朝日新聞)の記事を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ