« 復興庁の幹部職員が暴言ツイートをしていた問題について思うこと。 | トップページ | 松山10位タイ。全米オープンの中継が観たかった。 »

2013年6月16日 (日)

2013 コンフェデレーションカップ 日本vsブラジル戦を観て思うこと

 日本時間の今朝、コンフェデレーションカップ、日本vsブラジル戦を観た。寝ぼけ眼で観始めた試合開始3分で一気に目が覚まされる。ブラジルの若きエース・ネイマールの見事なシュートがゴールに突き刺さったからだ。8か月前のブラジル戦もそうだったし、世界ランク上位のチームはキックオフから10分間で怒涛の攻撃を仕掛けてくる。選手も分かっていたとは思うが、対応できなかった。

 とにかく、ブラジルの緩急ある、しかもピッチを広く使った攻撃は凄い。ここぞと見るや、一気にスピードが上がり、ワンタッチ、ツータッチでボールを繋げるとともに、選手達が雪崩込んでくる。2重3重の波状攻撃、しかもなかなかボールを奪えない。実力の違いは歴然としていた。

 それでも、日本チームは私が危惧していた超ディフェンスなプレースタイルはとらず、果敢に攻めに行っていたようには感じた。ネイマールに対しても、最初の失点以降は内田を初め、皆で抑えていた。それでもブラジルはネイマールだけが突出している訳ではない。個々の選手のボールコントロール、切り返しの早さ、ルーズボールへの寄り付きなどはとてもかなわない。

 日本チームがワールドカップ出場を決めた記者会見で本田選手が「とにかく個の力をレベルアップしないといけない」と言っていたことがよく分かる試合内容だった。もっともそれは一朝一夕に出来ることではない。今大会では、まだメキシコ、イタリアといった超一流国と当たる。厳しい結果になるとは思うが、今の実力を知る良い機会だし、そのことがきっかけになって個々の選手のモチベーションを上げていってもらいたい。

« 復興庁の幹部職員が暴言ツイートをしていた問題について思うこと。 | トップページ | 松山10位タイ。全米オープンの中継が観たかった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57601567

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 コンフェデレーションカップ 日本vsブラジル戦を観て思うこと:

« 復興庁の幹部職員が暴言ツイートをしていた問題について思うこと。 | トップページ | 松山10位タイ。全米オープンの中継が観たかった。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ