« 昨夜(6/9)のNHKスペシャル「未解決事件第3弾 尼崎連続殺人死体遺棄事件」を観て思うこと | トップページ | マネーゲームに翻弄される社会から脱却できないのか? »

2013年6月12日 (水)

日本野球機構(NPB)が統一球変更を隠蔽していたことについて思うこと

 昨日、日本野球機構の理事が2011年から採用していた統一球を今年から都武ボールに変えていたことを告白した。しかも、そのことを今まで隠蔽し、なおかつ、ボールを生産しているミズノに対しては口止めをさせていたのだから質が悪い。

 おそらく多くの人は「やっぱりな!」というのが本音だろう。なぜなら、この2年間、ホームラン数が激減していたのに、今シーズンに入った途端、一試合平均約1.5倍になっているのだから、皆、薄々感じていたに違いない。

 そもそも統一球とは国際大会になっても選手が戸惑わないようにするために、普段から、そういうボールにしておこうということではなかったのか?しかし、この統一球もWBCで使われているボールとも違うし、MLBで使われているボールとも違う。どうせ野球なんてアメリカがルールから権利関係まで牛耳るのだから、MLBと同じにしてしまえば良かったのに、これではいったい何のためなのか訳が分からない。とにかく同じ種目なのに国によってボールの仕様が違うなら、国際大会など意味がないのだ。

 そして、このいい加減な理念の統一球によって、成績が全く振るわなくなってしまった選手もかなりいるのは非常に問題だ。巨人の小笠原選手などは統一球採用からずっと不振が続いている。私が気付いていないだけで他にも多くの選手が不振に陥っているのかもしれない。

 それから腑に落ちないのが、一貫して前と同じと言い切っていたのに、なぜ2か月以上経った今になって公表したかということだ。「NPB側は混乱を避けるため」と言い訳しているが、何もシーズン前に「プロ野球の醍醐味はホームラン、投手戦ばかりでは人が呼べない」と正論を吐いて、変えるようにすれば良かっただけなのだ。

 ところが、今年秋には東京五輪招致を控え、なおかつ、野球を五輪競技に復帰させようとロビー活動を続けている。それなのに統一球を捨てるということは、日本の野球は独自ルールでやりますよと公言することは五輪軽視にも繋がりかねない。だから、今まで隠蔽してきたのだが、データ上、明らかに違うことが出てきてしまった以上、「打者が統一球に慣れた」とか「ストライクゾーンが狭くなり打者有利になった」などという言い訳が出来なくなったのだろう。(あくまで邪推です)

 この問題が発覚してからNPBは説明責任を求められているが、果たしてどういう対応をとるのだろうか?もっとも、プロ野球の母体にはメディアもあるから、今は大騒ぎしているけれど、2年前の巨人醜聞のように、うやむやのまま放置されてしまう可能性が高い。良くてコミッショナー辞任ぐらいか。

 こんなふうに考えてくると、ますます自分の中から、プロ野球が遠ざかっていく。残念でならない。

« 昨夜(6/9)のNHKスペシャル「未解決事件第3弾 尼崎連続殺人死体遺棄事件」を観て思うこと | トップページ | マネーゲームに翻弄される社会から脱却できないのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57577477

この記事へのトラックバック一覧です: 日本野球機構(NPB)が統一球変更を隠蔽していたことについて思うこと:

« 昨夜(6/9)のNHKスペシャル「未解決事件第3弾 尼崎連続殺人死体遺棄事件」を観て思うこと | トップページ | マネーゲームに翻弄される社会から脱却できないのか? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ