« 自公完勝、都議選の結果を受けて思うこと。 | トップページ | 私にはこの国が狂っているとしか思えない。 »

2013年6月26日 (水)

ブログ炎上の岩手県議が自殺したことについて思うこと。

 何も死を選ばなくても良かったのではないか、という思いと、ネット社会の怖さをあらためて痛感する事件だ。病院の対応を巡って書いたブログが炎上し、謝罪会見まで開いた岩手県議が自殺した。遺書などがあったのかどうかは公表されていないので、原因を特定することは出来ないけれど、炎上からそう時間が経っていないから、おそらくは今回のことを苦に自死してしまったのだろう。

 今回のブログも、「病院の対応をこうするべきではないか?」という提案型で書いておけば、これほどの大騒動にはならなかったはずだ。県議でありながら、会計まですっぽかしたという暴挙に批判が殺到したと思われる。これがネットの中だけならまだしも、テレビ、新聞といった既存メディアが報道するようになって、批判に拍車がかかってしまったようだ。

 私は亡くなった県議がブログに書いたことは酷いことだが、ちゃんと謝罪会見まで開いているのだから、あとは県民の方が次回の選挙でどう評価するかを決めれば良いと考えていた。最悪の場合でも、県議を辞職すれば済むような問題ではなかったのか?私は今回の件について、ツイッターでもブログでも何の反応もしてないけれど、普段ネットで発信しているで、まるで自分が追い込んでしまったような気分になってしまう。

 日本だけなのかどうか分からないが、何でもかんでも悪いことをした人がいたら、一斉に叩くという風潮があるような気がして怖い。少なくとも真摯に謝罪をしたのだから、それ以降も叩き続けるという行為はもはや言葉の暴力でしかないだろう。今回批判した人達だって自殺するまで追い込もうなんて思わなかったはずだ。何となくだが「いじめ」の心理に近いのかもしれない。

 私自身は今回も「情けは他人の為ならず」という言葉と、「口は災いの元」という言葉を胸に刻もうと思う。亡くなられた県議のご冥福をお祈りします。

 

« 自公完勝、都議選の結果を受けて思うこと。 | トップページ | 私にはこの国が狂っているとしか思えない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57671045

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ炎上の岩手県議が自殺したことについて思うこと。:

« 自公完勝、都議選の結果を受けて思うこと。 | トップページ | 私にはこの国が狂っているとしか思えない。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ