« サッカー日本代表が世界の強豪国になるために・・・、素人の私が思うこと。 | トップページ | 【追悼】 忘れてはいけない!奇しくも今日は、12年前に池田小学校児童殺傷事件、5年前に秋葉原無差別殺傷事件が起こった日。 »

2013年6月 7日 (金)

「ゲーテの警告~日本を滅ぼす『B層』の正体」(適菜 収 著)を読んで思うこと

 この本は半年以上前に読んだけれど、アベノミクスと浮かれている方々をみると、相変わらずこの国では「B層」が席巻しているのだなぁと思い至るのだった。

 「B層」という言葉は、巨大掲示板2ちゃんねるなどでも頻繁に出ていたから、頭にあったのだけど、個人的には「馬鹿な層」のことだとばかり思っていた。でも、この本を読むと、これは小泉元首相時代の2004年12月に「有限会社スリード」「㈱オフィスサンサーラ」という会社が「郵政民営化を進めるための企画書」の中で定義しているのだ。

 IQを縦軸に、構造改革に対する姿勢を横軸にとったポジショニング分析でA層からD層まで分類したものがベースとなっている。その中でB層は「構造改革に肯定的でかつIQが低い層」ということになるらしい。そして、このB層に対して、徹底的な「宣伝戦略」が行われたのだ。

 具体的には、①竹中平蔵氏の意見を、バカでもわかるように言い換える。②竹中平蔵氏の意見を、国民(B層)にありがたがらせる方策をとる。③竹中平蔵氏の対話者は、B層に支持されていればタレントでもOK。恥ずかしながら私もまんまと嵌ってしまったのだ。

 この企画書はネットで簡単に検索できるし、ページ数も少ないし、何より、素人でも分かりやすく書かれている。そして、この企画書については、2005年に国会でも取り上げられていて、当の竹中氏にも共産党佐々木議員が質問もしている。国民を騙すようなことをやっていたかもしれないのだから、メディアがもっと大々的に取り上げられて大反響になればよかった。しかし、大手メディアなんて所詮は政権の広報機関なのか?おそらくほとんど報道されなかった。

 安倍政権の裏方には、小泉政権時代を支えていた飯島氏や竹中氏、それにメディア戦略に長けている世耕議員などがいる。アベノミクスという言葉が毎日のように氾濫しているのも、結局は裏で国民(B層)をどう取り込み、誘導していくかという戦略から行われていてもおかしくない。先ほど掲げた、「竹中平蔵氏」という部分を「アベノミクス」に言い換えれば、ピッタリくるではないか。

 2年前の震災以降、メディア不信が増大していた私だが、自分自身もこの「B層」として扱われていたかと思うと、情けなくもあり非常に悔しくなった。自分の頭で考えていたつもりなのだが、結局はテレビの論客なるものの意見に迎合してしまった。私はそれに気付いたが、今でも平然と続いている。ただで得られる情報ほど怖いものはない。多くの人が権力側の欺瞞を知って欲しいと願うばかりだ。

« サッカー日本代表が世界の強豪国になるために・・・、素人の私が思うこと。 | トップページ | 【追悼】 忘れてはいけない!奇しくも今日は、12年前に池田小学校児童殺傷事件、5年前に秋葉原無差別殺傷事件が起こった日。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57544095

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲーテの警告~日本を滅ぼす『B層』の正体」(適菜 収 著)を読んで思うこと:

« サッカー日本代表が世界の強豪国になるために・・・、素人の私が思うこと。 | トップページ | 【追悼】 忘れてはいけない!奇しくも今日は、12年前に池田小学校児童殺傷事件、5年前に秋葉原無差別殺傷事件が起こった日。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ