« 「遺族「公正な調査委を」 いじめ防止法の解釈めぐり橿原市教委と対立 文科省に見解ただす」(産経Web)の記事を読んで思うこと | トップページ | 東電が汚染水の海洋漏出を認めたことについて思うこと。 »

2013年7月22日 (月)

参院選-山本太郎氏が当選したことについて思うこと

 昨日の参院選は大メディアの予想通り自民党が圧勝し国会での「ネジレ」が解消した。既得権益側の彼らにとっては、おめでたいことなのだろう?もっとも自公に対する野党側も選挙協力すら出来ず、低投票率の下で結局は共倒れになってしまった。これは残念ながら予想通りだった。

 しかし、東京選挙区で「空気を読まないバカ」と公言した山本太郎氏が当選したのは予想外だった。選挙戦中盤で自民党寄りの週刊新潮が「山本太郎を中核派が支持」などというネガティブキャンペーンを打ち、2ちゃんねるなどでも誹謗中傷めいた投稿が相次いでいた。それでも、山本陣営が発信するツイキャスを見ると、私が今まで見たことのないような盛り上がりを見せていた。彼の実直な演説は聴衆を虜にしたのだろう。

 フタを開けてみれば4位での当選だ。これは素晴らしいとしか言いようがない。それに彼と同様、脱原発を唱えた共産党の候補も当選しているのだから、少なくとも都民の一定層は彼らに賛同したといえる。つまり、脱原発の思いはあったということだ。だとすれば、脱原発、反TPP、消費増税反対等を掲げた党が結束していれば、もっと肉薄した闘いが出来たのかもしれないと思うと残念でならない。

 でも山本氏が万歳をしなかったように、彼の闘いはこれからだ。早速、選挙違反報道が流れている。ワイドショーに出演しても批判的な質問が多かったようだ。無所属なので国会で質問機会があるのかどうかは分からないが、関係省庁に対して、質問主意書を出して官僚に回答させることは可能だ。自らが「空気を読まない」と言っているのだから、官僚、そしてメディアはどんなことを言われるのか?そして、知り得た情報を暴露されるのか、内心、戦々恐々としているはずだ。早速、選挙違反ではないか?との報道が出ている。

 これをクリアしても、様々な嫌がらせが待っているのは必至な状況だ。彼がこれに耐えられるかどうか?そして、彼を支援した政党が守りきれるかどうか?私は今までの因習を打ち破るべく、頑張ってもらいたいと思う。

« 「遺族「公正な調査委を」 いじめ防止法の解釈めぐり橿原市教委と対立 文科省に見解ただす」(産経Web)の記事を読んで思うこと | トップページ | 東電が汚染水の海洋漏出を認めたことについて思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57844894

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選-山本太郎氏が当選したことについて思うこと:

« 「遺族「公正な調査委を」 いじめ防止法の解釈めぐり橿原市教委と対立 文科省に見解ただす」(産経Web)の記事を読んで思うこと | トップページ | 東電が汚染水の海洋漏出を認めたことについて思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ