« 原発の新しい規制基準が施行されたけど… | トップページ | 【PC遠隔操作事件】7/10検察側が犯人を特定する証拠なるものを出したけれど… »

2013年7月10日 (水)

【合掌】吉田元福島第一原発所長の死とこれからの行方

 昨日、福島原発事故の全てを知る男、吉田元所長が亡くなった。まだ58歳だそうだ。死因は食道がん。頑なに東電や国は被曝との関係はないと言い続け、大手メディアもそれに批判しない。でも、大方の人はおかしいと思っている筈だ。

 東電なんて、自分達専用の病院まで持っていたくらいだから、社員に対して健康診断を怠っていたとは思えない。もちろんタイミングが悪かったのかもしれないが、がんの発見にこれほど遅れるのも腑に落ちない。あの交代も突如降って湧いたような感じだった。その後も脳疾患に罹ったらしい。元所長には全てを包み隠さず話して欲しかった。言葉とは裏腹に、東電及びこの事故で責任を問われている人達にとっては安堵の思いだろう。

 これで自分達の意のままに操れる大手メディアを使って、私のような庶民を騙せるわけだ。あくまでも津波が悪かった、津波対策が出来ていればこんなことにはならなかった。もはや原発事故は収束してますよ。何怖がっているんですか?経済の為には原発は必要不可欠ですよ。原子力規制委員会が作った基準を満たしていれば大丈夫ですよ…と

 東電幹部の願いが通じたのか、例年より2週間程度早くなった梅雨明け後は連日猛暑が続いている。柏崎原発の再稼働を目論む東電は、今年が猛暑になり、また電力不足を演出したかったのだろう。そのようなことを経産省にメールで送っていたのだから呆れ返る。今なお、数十万人の人達が元どおりの生活が出来ないのに、自分達だけは元通りのことをやろうとする。大手メディアはそれを後押しする。

 吐き気がするくらいおぞましい構図がまた展開していくのか?どうしたらこれを阻止できるのか?選挙で脱原発候補が多数を占めるしかないが、メディアの論調に簡単に流されてしまうのだから、多分、駄目だろう。行きつくところまで行くしかない。私は何とか生き延びてそれを見届けよう。

 吉田元所長のご冥福をお祈りします。

 

« 原発の新しい規制基準が施行されたけど… | トップページ | 【PC遠隔操作事件】7/10検察側が犯人を特定する証拠なるものを出したけれど… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57764838

この記事へのトラックバック一覧です: 【合掌】吉田元福島第一原発所長の死とこれからの行方:

« 原発の新しい規制基準が施行されたけど… | トップページ | 【PC遠隔操作事件】7/10検察側が犯人を特定する証拠なるものを出したけれど… »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ