« 終戦の日。過ちを繰り返さないために自分が心掛けること。 | トップページ | エジプトがシリアのようにならないことを願う。 »

2013年8月16日 (金)

<はだしのゲン>松江市教委、貸し出し禁止要請「描写過激」(毎日新聞)の記事を読んで思うこと

 今日、私のツイッターのタイムラインには、この件でのツイートが多い。<はだしのゲン>松江市教委、貸し出し禁止要請「描写過激」(毎日新聞)http://bit.ly/1dcI8Zl 

 正直言って、私は「はだしのゲン」というタイトルと原爆のことを描いた作品だということは知っているが、読んだことがない。だから、松江市教育委員会が「過激描写あり子供には不適切」だと判断したことについてを批判することはしない。ただ、私が危惧するのは、これが言論統制に繋がりかねないからだ。

 この作品が、もともと有害図書扱いであったのならいざ知らず、もう数十年前からあるもので、しかも、戦争の悲惨さを伝えるために外国語にも翻訳されている。そもそも市議会だって置くことは認めているではないか。こういう背景を覆すだけの新たな理由があったのかが疑問でならない。

 戦争や原爆を扱った作品を購入してまで読もうとする子供達がそんなに多くいるとは思えない。だから、図書館に置いてあるのだろう。今は漫画すら読まれなくなっている時代なのに、それでもこの作品に手を出す子供がどれくらいいるか?推薦図書でもなんでもないのに、貸し出し禁止にする必要があるとは到底思えない。

 おそらくは記事にある市民の圧力に屈してしまったのだろう。揉め事になるくらいなら、もっともらしい理由をつけて閉架してしまった方が良いということなのではなかったか?この経緯については、しっかり説明してもらわないといけない。

 あの戦争だって、いきなり始まったわけではない。軍部がメディアを使って徐々に世論を一方的なものにしていった。反対する者はパージしても構わないような空気を醸成した。あの過ちを繰り返さないというなら、情報の多様化を失ってはいけないのだ。

 明日以降、この話題がどれくらい報道されるか分からないが、一部の人間による情報統制の怖さを認識して欲しい。

« 終戦の日。過ちを繰り返さないために自分が心掛けること。 | トップページ | エジプトがシリアのようにならないことを願う。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58005204

この記事へのトラックバック一覧です: <はだしのゲン>松江市教委、貸し出し禁止要請「描写過激」(毎日新聞)の記事を読んで思うこと:

» はだしのゲン:松江市教委、貸し出し禁止要請「描写過激」 原爆の悲惨さはこんなもんじゃない [自分なりの判断のご紹介]
私も「はだしのゲン」は 見ました。 絵がそれほどうまくない? ので原爆ってヒドイもの と訴えていることは良く わかりましたが、過激描写 なんて感じはしません。 作者も抑えた表現にした とどこ...... [続きを読む]

« 終戦の日。過ちを繰り返さないために自分が心掛けること。 | トップページ | エジプトがシリアのようにならないことを願う。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ