« 「柏崎刈羽原発の安全審査 柏崎市と刈羽村了承へ」(NHKニュースWeb)の記事を読んで思うこと | トップページ | 汚染水対策費用、国民だけに尻拭いをさせるな! »

2013年8月 6日 (火)

自省を込めて、原爆投下について思うこと。

 今日は68回目の広島原爆の日、そして、3日後には長崎原爆の日がやってくる。広島では約14万人が、長崎では約7万人が亡くなった。もちろん、それは記録上のものであって、その後亡くなった人、障害を抱えてしまった方々を含めれば、被害者は数倍に上るだろう。

 ただ、東日本大震災が起きるまで、原爆の日のことは極力避けようとしていた。当時の悲惨な状況を知るのが嫌だったのだ。写真や絵に残る、被災地の状況はまさに地獄絵図で、想像するだけで恐ろしくなったからだ。

 何度もブログに書いているけれど、私は「受験の日本史」しか勉強していない。だから、この原爆投下についても、起こった年月日、指令した大統領、被害者の数等々、客観的な事実のみを知っているだけで、アメリカがどういう意図で悪魔の兵器を使おうとしたのかはつい最近知ったばかりだ。日本人として恥ずかしい。

 しかし、原発事故が起きて以降、原子力問題を身近に感じた今は少し違ってきている。日本が一応電力不足でもないのにかかわらず原発再稼働を勧めるのは、そこで発生するプルトニウムの正当性を維持するためではないのか?結局、形は違えど、潜在的核抑止力保持ということだ。

 当時、亡くなられた皆さんは、約70年経って日本政府が再び戦争可能な憲法改正することを是とするだろうか?追悼式典に行った首相には胸を手に当てて考えて欲しいものだ。

 

« 「柏崎刈羽原発の安全審査 柏崎市と刈羽村了承へ」(NHKニュースWeb)の記事を読んで思うこと | トップページ | 汚染水対策費用、国民だけに尻拭いをさせるな! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57940271

この記事へのトラックバック一覧です: 自省を込めて、原爆投下について思うこと。:

« 「柏崎刈羽原発の安全審査 柏崎市と刈羽村了承へ」(NHKニュースWeb)の記事を読んで思うこと | トップページ | 汚染水対策費用、国民だけに尻拭いをさせるな! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ