« 無性に空しさを感じる今日この頃。 | トップページ | パフォーマンスはいらない。 »

2013年9月18日 (水)

リニア新幹線。狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く?というフレーズを思い出した。

 私が物心ついた頃から話題に上がっていたリニアモーターカー。その新幹線、最高時速500㎞で東京名古屋間を40分で結ぶという実施計画が今日発表された。今は”ひかり”で約1時間40分だから約1時間短縮できるという。各メディアはこぞってこの話題を取り上げ、街頭インタビューで肯定的な意見を中心に流す。

 先日の東京五輪承知で経済効果〇○も含めて、もう、この手の報道はウンザリだ。私にはますます東関東大震災での被災地の復興が遅れるような気がして仕方ない。そりゃあ、口では言うよ、でも考えてみろ。日本は少子高齢化まっしぐらで人口もだんだん減ってきている。バブル崩壊以降、建設業に従事する人も減っている。

 それなのに、東京五輪開催で建設需要は大きく伸びる。関連施設だけではなく、インフラ整備やホテル等の改修なども行われるだろう。機械化は進んでいるとはいえ、作業員不足は否めない。当然、割の良い仕事を得ようと、地方の業者も大手ゼネコンの下請けとして流れてくる。

 こうした中、福島第一原発の事故収束に充てる人達は足りるのか?被曝許容限度を越えてしまった方はもうそこでは働けない。まして、そのような作業員の供給不足が見込まれる中、敢えて被曝してまで働こうとする人達が大勢いるとは思えない。誰だって、体に楽で報酬の良いところで働こうとするのだから。

 一説によれば、リニア新幹線を作ったところで、トータルな時間をみれば、今の新幹線と大して変わらないということを述べている方もいる。それに、今より3倍もの電力を必要とするらしい。こうなると、何のためのリニア新幹線なのか、分からなくなる。

 昔は、移動時間が短くなれば仕事の効率はアップして、その分、余暇が増えると言われたものだ。しかし、今では余暇が増えるどころか、余計仕事量が増えることになった。東京勤めの方が大阪や名古屋日帰りなんて当たり前だし、北海道や九州だって日帰り勤務の人もいる。

 ものごとにはほどほどということがあるのではないか?闇雲にスピードや効率を追求しても豊かになるのか?結局はゆとりを無くし、ミスを許容できなくなっていくのではないか?私自身は今の日本は競争社会から一刻も早く脱して、いかに人々が豊かさを享受できる社会を作るべきではないのかと思えて仕方ない。

« 無性に空しさを感じる今日この頃。 | トップページ | パフォーマンスはいらない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58220785

この記事へのトラックバック一覧です: リニア新幹線。狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く?というフレーズを思い出した。:

« 無性に空しさを感じる今日この頃。 | トップページ | パフォーマンスはいらない。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ