« 「小泉復興政務官が福島視察 風評被害対策を後押し」(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 【囲碁】井山裕太五冠が史上2人目の大三冠を達成したことについて思うこと »

2013年10月16日 (水)

台風26号で大島が甚大な被害を受けたことについて思うこと。

 仕事柄未明に起きるのだが、その時は”昨日まで気象庁やメディアは10年に一度の勢力などと煽っていた割にたいしたことなさそうだ”なんて思っていた。確かに雨風は強かったけれど、それでも雨具完全装備で自転車で会社に向えたのだから。そして、強風は吹き荒れたものの朝方には青空も見え始め、個人的には、この程度で良かったと感じていた。

 ところが町の小高い山に登れば見える大島では甚大な被害が起こっていたのだ。死者が5名ほど出ていて、行方不明者が50人を超えている?多数の家が流されている?その時のラジオのニュースに耳を疑った。そして夕方になって、ようやく映像を見ることができたのだが、その惨状は目を覆いたくなるほどだ。今現在の被害状況は16名死亡、40名超が行方不明となっている。

 普段、ニュースを茶化す私の親父でさえも、「1日に800㎜超の雨が降ったら、この辺だってどうなってるか分からない。気の毒でニュース映像も観れない」と語るほどだった。私も20年前ぐらいに大島に行ったことがあるから、とても身近に感じる。こうなる前にどこかに避難できなかったのだろうか?なんていう思いが募る。

 今回、気象庁は特別警報なるものを出さなかった、広範囲という基準を満たさなかったのが理由らしい。もちろん特別警報を出したからといって、今回の被害が防げたかどうかは分からない。ただ、あまりにも杓子定規すぎないかという疑問が残るのは否めない。それに今は市町村単位で災害ハザードマップなるものを作成しているはずで、その想定が適切だったのかどうかも、今後の議論対象となるだろう。もう一度、検証し直して欲しい。

 もっとも自然災害は人智を超えてくる。自然には絶対勝てない。少し進路がズレていれば、私が被害者になっていてもおかしくないのだ。今回の災害はあらためて、自然への畏怖を思い知らされた。行方不明者の早期救出と亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

 

« 「小泉復興政務官が福島視察 風評被害対策を後押し」(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 【囲碁】井山裕太五冠が史上2人目の大三冠を達成したことについて思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58398323

この記事へのトラックバック一覧です: 台風26号で大島が甚大な被害を受けたことについて思うこと。:

« 「小泉復興政務官が福島視察 風評被害対策を後押し」(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 【囲碁】井山裕太五冠が史上2人目の大三冠を達成したことについて思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ