« 負けている時が力の付いている時だと思おう。 | トップページ | 台風26号で大島が甚大な被害を受けたことについて思うこと。 »

2013年10月13日 (日)

「小泉復興政務官が福島視察 風評被害対策を後押し」(東京新聞)の記事を読んで思うこと

 政界のプリンスに相応しいスマートな対応だ。たかだか政務官なのに、どれほどの取材陣がついているのだろうか。そして、東京新聞ですら持ち上げる。親父が脱原発を唱えているからか?もううんざりだ。

 何度か書いているが、私は福島第一原発に絡む”風評被害”という言葉は大嫌いだ。「おまえらは無知で愚かだ」と言われているような気になるからだ。そもそも世間から信用を失くすようなことを平気でしておいて、その責任を転嫁するのはどうみてもおかしい。

 何か健康被害が起こったら補償してくれるのか?福島の子供達に甲状腺ガンが増えていても原発事故とは無関係という暴挙に出ているではないか?皆、分かってる。現政府や役人、大企業、マスコミといった勝ち組の連中が自分達の都合の良いように事を運ぼうとしていることを。庶民を馬鹿にするな!

 この勝ち組の連中は何でもかんでも”自己責任”じゃないか?福島第一原発事故でも不誠実な態度ばかり。これでおまえらを信用しろというのがおかしい。でも悲しいかな、こんな反応を示す人間はその内、排除される。戦前と一緒だ。今、あの時代こうして戦争に進んでいったんだということがよく分かる。

 こんなことを繰り返して良いのか。個人的には敗北感でいっぱいだ。

« 負けている時が力の付いている時だと思おう。 | トップページ | 台風26号で大島が甚大な被害を受けたことについて思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58378475

この記事へのトラックバック一覧です: 「小泉復興政務官が福島視察 風評被害対策を後押し」(東京新聞)の記事を読んで思うこと:

« 負けている時が力の付いている時だと思おう。 | トップページ | 台風26号で大島が甚大な被害を受けたことについて思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ