« みんなの党や日本維新の会はどれだけ美味しい毒まんじゅうを喰ったのだろう? | トップページ | 特定秘密保護法案が衆院を可決したことについて思うこと »

2013年11月23日 (土)

猪瀬都知事5千万円授受問題、発覚のタイミングに疑念を抱く。

 一昨日、突如として上がった猪瀬都知事の5千万円授受問題は、説明が二転三転するものだから、メディアが大きく取り上げるようになった。常識的に考えたって、初対面の人から5千万もの金を、無利息、無期限、無担保で借りるのはおかしな話だ。しかも政治資金収支報告書や選挙資金報告書にも記載されていないという。陸山会事件では単なる期ズレで有罪判決になり、議員辞職に追い込まれた議員だっているのだ。東京地検特捜部はそれを踏まえて、しっかり捜査して欲しい。

 しかしながら、このタイミングは何か変だ。ツイッター等では多くの人が指摘しているように、これは国民から特定秘密保護法案の話題を逸らすためのスピンコントロール(情報操作)ではないかということだ。数日前、どこかの新聞で安倍首相が”この法律にばかり注目が集まり過ぎている”と言ったというようなことが書かれていた。その矢先にこの問題発覚だ。

 311以降、私は役人に対して性悪説で物事を捉えているからかもしれないが、どうしても不可解に感じてしまう。特定秘密保護法案なんて、自分達に都合が悪いことは何でもかんでも隠せる法律だ。役人にとって都合の良いことだらけじゃないか。今国会で通したいのに決まっている。

 ところが、最近になって、新聞各社並びに各種団体が一斉に反対を唱え始めた。世論調査も8割方が否定的だ。頭の良い役人たちのことだから、我々庶民なんて、他の大きな話題がメインになれば、注意が薄れると考えているのかもしれない。今回の情報源だって、おそらくは検察からのものだろう。

 とにかく特定秘密保護法案なんて、秘密保護の国際ルールとなっているツワネ原則から逸脱しているのだから、廃案にしないといけない。私はスピンコントロールには騙されないぞ。

« みんなの党や日本維新の会はどれだけ美味しい毒まんじゅうを喰ったのだろう? | トップページ | 特定秘密保護法案が衆院を可決したことについて思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58630827

この記事へのトラックバック一覧です: 猪瀬都知事5千万円授受問題、発覚のタイミングに疑念を抱く。:

« みんなの党や日本維新の会はどれだけ美味しい毒まんじゅうを喰ったのだろう? | トップページ | 特定秘密保護法案が衆院を可決したことについて思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ