« 猪瀬都知事5千万円授受問題、発覚のタイミングに疑念を抱く。 | トップページ | 手に汗握った、囲碁女流本因坊戦。向井千瑛新女流本因坊おめでとう! »

2013年11月26日 (火)

特定秘密保護法案が衆院を可決したことについて思うこと

 悪魔の法案、特定秘密保護法案が委員会での強行採決、その後、夜の衆院本会議で可決してしまった。まだ参院は残っているけれど、おそらく今日のように凶行に採決してしまうだろう。とにかく何が秘密かもわからず、秘密を洩らした人だけではなく、秘密を知ろうとした人も罰せられる法律だ。そもそも従来の裁判が成り立つかどうかも分からない。被告人は何の秘密で裁かれているのかさえ分からないということもあり得るのだ。

 「国民の知る権利」をはるかに逸脱したこの法律は違憲と思うけれど、この国は厳密には三権分立ではない。立法、司法、行政、皆、同じ方向で動くのだ。それに加えて、首相と呑気にトップが飯喰ってるメディアも骨抜きだから、どうしようもない。その上、この国の方々は日本のメディアを信頼しているから質が悪い。

 左派系の新聞を目にしている人ならともかく、テレビだけで情報を得ている人は、”無関心”な人が多い。「ねじれ」が悪いから、物事が進まないと、煽っていたメディアに大きな責任はあるが、国政選挙でさえ4割もの人が行かない国では、権力の都合の良いように操られる。それに加えて、猪瀬知事の借入金騒動等、連中が仕組むスピンコントロールにメディアも追随される始末だ。

 以前から、その懸念は感じていたけれど、結局、今の自公政権は戦前のような社会に戻したいのだ。自分達特権階級が大手を振るい、私のような貧民から搾取した挙句、野垂れ死に止む無し。何が”美しい国”だ。今は藤原道長の気分に浸っている自民党の幹部及びそれに従った議員達、支持した人達のことは、死んでも忘れない。ああ、最悪の気分だ。

 

« 猪瀬都知事5千万円授受問題、発覚のタイミングに疑念を抱く。 | トップページ | 手に汗握った、囲碁女流本因坊戦。向井千瑛新女流本因坊おめでとう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58649405

この記事へのトラックバック一覧です: 特定秘密保護法案が衆院を可決したことについて思うこと:

« 猪瀬都知事5千万円授受問題、発覚のタイミングに疑念を抱く。 | トップページ | 手に汗握った、囲碁女流本因坊戦。向井千瑛新女流本因坊おめでとう! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ