« 「スノーデン容疑者がドイツ緑の党議員と面談、証言の可能性も」(ブルームバーグ)の記事を読んで思うこと | トップページ | どこが「お・も・て・な・し」の国なのか? »

2013年11月 4日 (月)

東北楽天ゴールデンイーグルスが日本一になって思うこと

 昨夜の日本シリーズ第7戦、楽天と巨人、早く寝なければいけないので観ないつもりでいたが、どうしても結果が気になってしまい、最終回はテレビで観てしまった。前日160球完投しながら最終回のマウンドに立った田中の姿には驚くと同時に、大丈夫なんだろうかと不安もよぎった。

 今年一度も負けていない田中選手に第6戦で土がつき、個人的には巨人有利だと思っていたのに、美馬投手の好投もあって楽天優位に試合が進んだ。私は基本的に親会社の読売は嫌いだけど巨人ファンであり、しかも楽天のオーナーは大嫌いだ。しかし、楽天の日本一を願う311の震災を経験した東北の人達の思い痛切に感じ、今回は楽天の勝利を願わざるを得なかった。

 田中投手、さすがに直球の制球は定まらず変化球を多投したが、気迫はみなぎっていた。最後の打者を三振に切る。球場、いや東北楽天を応援する人達の後押しが、勝利をもたらしたのだ。私も画面を見ながら、東北の方々の歓喜に涙ぐんでしまった。凄く人間味溢れるシリーズだったよう感じた。

 こんなことで震災復興が早まるとは思えないけれど、たとえ一瞬でも、被災された方々に心から笑顔と感動が味わえたなら、それは素晴らしいことなのだ。

 楽天創設時、正直言って、岩隈を除けば2軍レベルの選手しかいなかった。それが僅か9年で日本一の座を得ようとは当時誰も思わなかったのではないか?まだ、弱小球団時代にもかかわらず、田中選手はドラフトで指名されても快く入団した。その心意気は素晴らしいとしか言いようがない。楽天ファンでない私でさえ、こういう思いがよぎるのだ。創設当初から応援してきた人達が喜び涙するのは当然だ。

 今回のシリーズをみて感じるのは、やはり、プロ野球チームは全国各地に散らばることこそ、競技の発展共に、地域の活性化に繋がるのではないかということだ。もはや巨人戦の視聴率は2桁行けば良い方で中継数も減っている。昔のようなやり方が通用しなくなっているのは明白だ。俺らが町のチームが日本一になれる醍醐味があったから、ここまで盛り上がれたのではないか?

 今日、昨夜の仙台市内の模様をテレビで見たけれど、仮に巨人が勝っていたとして、あれだけの盛り上がりがあったとは思えない。老若男女が笑顔を浮かべ、そして歓喜に涙する。なんて素晴らしいことなんだ。もう一度、プロ野球の在り方について、考え直す時がきているような気がしてならない。

 楽天、優勝おめでとう!

« 「スノーデン容疑者がドイツ緑の党議員と面談、証言の可能性も」(ブルームバーグ)の記事を読んで思うこと | トップページ | どこが「お・も・て・な・し」の国なのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58515007

この記事へのトラックバック一覧です: 東北楽天ゴールデンイーグルスが日本一になって思うこと:

« 「スノーデン容疑者がドイツ緑の党議員と面談、証言の可能性も」(ブルームバーグ)の記事を読んで思うこと | トップページ | どこが「お・も・て・な・し」の国なのか? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ