« 結局は自民党の補完政党だった”みんなの党” | トップページ | NHKの棋戦中継って、もっと時間をズラせないのか? »

2013年11月29日 (金)

「小中学校序列化の懸念 学力テスト 学校別成績公表へ」(東京新聞)の記事を読んで思うこと

 この記事を読んで、”学校の先生に過大なストレスを与えてしまうのではないか”と感じた。「小中学校序列化の懸念 学力テスト 学校別成績公表へ」(東京新聞)http://bit.ly/1hm8yvg

 公表解禁の理由が「教育の改善につながる?」というが、想像できるのは記事に書かれているように、学校間での競争を煽ることになり、教師や子供にプレッシャーを与えるだけのような気がする。子供はどのみち、中学校受験や高校受験があるのだから、こんな学力テストでさらに追い込むこともないではないか?

 今年、静岡県の小学校では国語の成績が全国最下位だったため、ワースト10の小学校長を公表するというようなことを静岡県知事が発言し物議を醸した。学校別の成績が公表されれば、誰だって関心を持つ。それにこの学力テストは国語と算数(数学)だけだったはずで、この2教科をもって学校の順位が決まってくるなんておかしい。

 まあ、文科省の高級官僚は基本的には成績優秀の方々だ。そういう秀才の方々には頑張ってもなかなか学力が上がらない子供達がいることなんて気にも留めず、単なる怠け者ぐらいにしか思っていないのかもしれない。このことがもたらす負の影響は考えないのだろうか?

 いや、考えていたから今までは禁止していたのだ。となると、どこかから圧力でもあったのかと疑ってしまう。良識ある教育委員会が公表を中止するか、過度な競争にならないことを願うしかない。

« 結局は自民党の補完政党だった”みんなの党” | トップページ | NHKの棋戦中継って、もっと時間をズラせないのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58666656

この記事へのトラックバック一覧です: 「小中学校序列化の懸念 学力テスト 学校別成績公表へ」(東京新聞)の記事を読んで思うこと:

« 結局は自民党の補完政党だった”みんなの党” | トップページ | NHKの棋戦中継って、もっと時間をズラせないのか? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ