« 手に汗握った、囲碁女流本因坊戦。向井千瑛新女流本因坊おめでとう! | トップページ | 「小中学校序列化の懸念 学力テスト 学校別成績公表へ」(東京新聞)の記事を読んで思うこと »

2013年11月28日 (木)

結局は自民党の補完政党だった”みんなの党”

 今から5年前、麻生内閣に対する不信任案だったかはよく覚えていないが、議場で渡辺善美氏が造反する姿は格好良いと思った。何より自分の信念を貫いたのは立派だった。ただ、その後、彼の立ち上げた”みんなの党”には全面的に賛同できなかった。なぜなら官僚政治打破には共感を覚えたが、新自由主義が基本だったからだ。

 そして、今回、自公の出した特定秘密保護法案には自分達の主張が一部取り込まれたとして賛成してしまった。私なんかよりはるかに法案に対する認識が高い人間が、官僚天国ともなり得る同法案成立の片棒を担いだのだ。しかも、第三者機関が”首相”なんて、馬鹿げた理屈を平気で語っている。

 変節というべきか、安倍内閣の毒まんじゅうを喰ったのか、よく分からないが、自分達の党是でもあるべき、公務員改革とは逆の方向に進んでしまった。彼がどんな詭弁を使おうが、私は納得できない。いや、聞く耳を持たない。

 さっそく、みんなの党の議員の中でも造反する議員が出た。党の理念を重んじ、有権者を大事にするなら当然の行為だ。私は称賛したい。この法律の危険性は、官僚が自分達の都合の悪いことは全て秘密にしてしまって、尚且つ、永久にその実態を知らせないことにあるからだ。だいたい、首相や大臣が何万件もある事案にYES、NOの判断ができるのか?結局、官僚の持ってきた書類に、判を押すだけではないか。

 かつて、楽天の野村監督が9回2死で盗塁を敢行した巨人の原監督に対して”バッカじゃなかろかルンバ”と語ったのを思い出すくらい、呆れ返ってものも言えない。国会議員は国民の代表であって、自分達の掲げた公約を具現化するのが職務なのに、それをないがしろにしたら地に堕ちて当然だ。いつものように威勢よく「我々は自民党補完部隊だ!」と大声で叫べ。きっと、国民からは見放されていくだろう。私は、そうなることを祈っている。

« 手に汗握った、囲碁女流本因坊戦。向井千瑛新女流本因坊おめでとう! | トップページ | 「小中学校序列化の懸念 学力テスト 学校別成績公表へ」(東京新聞)の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58660994

この記事へのトラックバック一覧です: 結局は自民党の補完政党だった”みんなの党”:

« 手に汗握った、囲碁女流本因坊戦。向井千瑛新女流本因坊おめでとう! | トップページ | 「小中学校序列化の懸念 学力テスト 学校別成績公表へ」(東京新聞)の記事を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ