« 東日本大震災から1000日経って、思うこと | トップページ | 臥薪嘗胆、この驕り高ぶった政権にいずれ鉄槌を下そう。 »

2013年12月 5日 (木)

この悪行を後世まで伝えよう。

 特定秘密保護法案が委員会で強行採決された。まだ、現時点では参院本会議が開かれていないから成立したわけではないけれど、「数は論理」で押し通す自公政権の前では風前の灯にしか過ぎない。残念ながら、法案は成立してしまうだろう。

 今後、日弁連等が頑張って、違憲立法審査権を求めてくるだろうが、この国の司法は(いや最高裁)は、よほどのことがない限り政府の味方だ。三権分立など存在しない、彼らも役人で国の機関なのだ。そうすると、この悪法を封じるためには、早期に安倍政権を退陣させ、尚且つ、政権交代する必要がある。

 ところが、みんなの党、日本維新の会は自民党の別働隊みたいなもので、今回の法案でも修正協議に応じ、さらに悪い修正案を作らせてしまったから、全く信用できない。

 他の野党をみても、まず共産党がおそらく野党団結には乗らない。民主党に至っては松下政経塾出身者のような”心は自民党”的な人材が未だに跋扈しているのだから、疑心暗鬼の状況だ。その他の野党は、あまりにも目立たない。

 本来なら第4の権力として、政府等の監視役であるはずのマスコミも、そのトップ連中が、安倍首相と仲良く夕食を共にするようなことをしている。これでは、かつての小沢バッシングようなことは期待できない。これまでだって嘘をつきまくっているのに、政権批判しているとは思えないのだ。

 しかも、この国の方々は裕福で政権の言うことなら文句を言わない方々が多いからか?4割もの人が選挙に行かない。となれば、絶対的な組織票を持っている自公が強いに決まっている。そうは簡単に政権交代できない。

 結局は御上の決めたことは、どんなに苦しくても従順に従う人達が多いということだ。もう何でもかんでも秘密にして、失敗しても自分達の責任は未来永劫背負わない悪徳法が成立してしまったら、私のように、毎日の生活に四苦八苦しているような負け組は死ね!っていうことだろう。

 いい歳して、自分がやっと喰えるぐらいしか稼ぎのない情けない人間だけれど、「今が良ければそれでいい」とか「政治なんて自分には無関係」という心境にはなれない。そこまで自分の矜持を落としたら生きている意味がない。

 自民党の某議員が、「日本国民なんて、法案が通ってしまえば、その内忘れてしまうだろう」などと語ったらしい。驕れる平家そのものだ。こんな横暴なことが許される筈がなく、権力を握っている連中に天罰が下ることだろう。いや、そうならなければならない。

 

« 東日本大震災から1000日経って、思うこと | トップページ | 臥薪嘗胆、この驕り高ぶった政権にいずれ鉄槌を下そう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58703605

この記事へのトラックバック一覧です: この悪行を後世まで伝えよう。:

« 東日本大震災から1000日経って、思うこと | トップページ | 臥薪嘗胆、この驕り高ぶった政権にいずれ鉄槌を下そう。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ