« 『「ブラック企業の要素全部」「全く反省していない」不信、無念…ワタミ提訴で両親会見』(産経Web)の記事を読んで思うこと | トップページ | 本田圭祐選手がACミランの10番をつけることに感慨無量。 »

2013年12月11日 (水)

今度は「共謀罪」、能天気になれない自分

 特定秘密保護法案を通してから、僅か5日、国民を縛る第二の矢を放ってきた。政府が来年の通常国会で組織犯罪処罰法に”共謀罪”を加える改正を提出するという。謀議に加わっただけで犯罪となる。しかも、この範囲は600件の犯罪が対象となるらしい。こんな法案は幾らでも拡大解釈できるから恐ろしい。

 もうこの連中のやりたいことはハッキリしている。こうしてジワジワと基本的人権を踏みにじるような法案を通していって、憲法改正、そして戦争を出来る国に変えていく。これが安倍首相を筆頭に自民党が唱える「日本を取り戻す」ということだ。町中で、安倍首相の写真とともにこの言葉が書かれているのを見ると嫌悪感が走ってウンザリする。

 マスコミが散々、国会のネジレ状態が良くないと唱え、自公が国会の大半を占めてしまった結果、こうして全体主義の社会に作り変えられていく。多数を握った彼らは国営放送局の経営委員に自分達の息のかかった人達を入れたり、適宜、大手メディアのトップと会食して、消費税の軽減税率を出汁に世論誘導しようとしている。また、道徳教育も復活させて、自分達の思想を子供達に植え込もうとしている。これらの流れをみれば戦争準備にほかならない。

 彼らが勝手に自分達のプライドを持つのは構わない。中韓に対して嫌悪感を持っても構わない。でも、大多数の国民まで巻き込むな!。ところがこんなことをブログに書いている私などは少数派であって、下手をすれば、「左翼」などとレッテルを貼られかねない。

 でも、良く考えれば、先の大戦もいきなり始まったわけではなく、メディアが扇動して徐々に言論が封鎖されて行ったために、おかしな空気が作られたのではなったか?今、この国がやるべきことは東北の復興であると同時に、デフレを脱却して、豊かな国になることではないのか?戦争とまでは言わないけれど、国民の誰が窮屈な社会を望むのだ。とても能天気になれない。そうなれる人が羨ましい限り。

« 『「ブラック企業の要素全部」「全く反省していない」不信、無念…ワタミ提訴で両親会見』(産経Web)の記事を読んで思うこと | トップページ | 本田圭祐選手がACミランの10番をつけることに感慨無量。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58738895

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は「共謀罪」、能天気になれない自分:

« 『「ブラック企業の要素全部」「全く反省していない」不信、無念…ワタミ提訴で両親会見』(産経Web)の記事を読んで思うこと | トップページ | 本田圭祐選手がACミランの10番をつけることに感慨無量。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ