« 都知事選の争点に”脱原発”が争点はおかしいというけれど…。 | トップページ | 「TPP、空中分解の危機 『「次が駄目なら大変なことになる』」(産経ニュース)の記事を読んで思うこと »

2014年1月14日 (火)

動き出した都知事選、でも結局はB層が鍵を握る。

 動き出した都知事選。これまでに田母神氏、宇都宮氏、その他、数名が名乗りを上げていた都知事選も、今日、細川護煕氏、舛添要一氏が立候補を表明した。数日前のブログで「つまらない都知事選」と書いたけれど、脱原発を掲げ、小泉元首相が全面的に支持するという細川氏が立ったことで、少しは関心を持ってきた。ただ、私には投票券がないから残念でならない。

 個人的には、人格者である宇都宮氏になれば、都政は大きく変わるかもしれないと思う。ただ、選挙のカギを握るのは悲しいかなB層の方々だ。哲学者の適菜収氏の著書によれば、「B層とは、知的程度がそれほど高くなく、A層(財界勝ち組企業・大学教授・マスメディア)から投下されたメッセージをそのまま鵜呑みにしてしまう層」のこと。自分の頭で考えず、A層の方々の言うなりになってしまう。恥ずかしながら、かつての私がそうだった。おそらくB層の頭にあるのは2020年のオリンピック時に誰が都知事だったら…、格好悪くないか?ぐらいではないのか?(私の弟がそんなことを言っていたのでガッカリした。B層の方を貶める意味はありません)

 ただ、どんなに立派な公約を掲げても、選挙は勝たないと意味がない。と考えると、残念ながら、謹厳実直なイメージのある宇都宮氏ではB層を惹きつける魅力があるとは思えない。そうなると、かつて郵政選挙でB層を惹きつけた小泉氏の支援を得た細川氏しか、自公をはじめとする既得権益グループが支援する舛添氏に対抗できないのではないだろうか。まして、今日の立候補表明では、舛添氏は自らも「脱原発派」だと語り、争点を逸らそうとしている。原発は主要エネルギーと位置付けようとしている自公の支援を受けて「脱原発」など言うのはおかしい限りではないか?何かの踏み絵を踏ませなければ信用できない。

 それに対して、脱原発に本気で取り組みそうな宇都宮氏と細川氏だが、一本化できなければ、おそらく勝ち目がない。すでに大手メディアは、自分達さえ儲かれば良いという思想が根付いているから、勝ち組に乗ろうとする。早くも政府御用達の評論家を使って、脱原発を明確に抱える細川氏のバッシング報道を開始している。

 果たして、B層はどう動くのか?メディアが争点をぼやかせば、私の弟のように「誰がなったって一緒だよ。オリンピックの顔になれる人が良い」という思いから投票率は下がり、既得権益側が有利になる。本当に脱原発を実現しようとするならば、宇都宮、細川氏が一本化して、尚且つ、劇場型選挙に持ち込めない限り、無理だろう。こう考えてくると、小泉氏は敢えて細川氏を支援し、自公有利な方向に導いている可能性も否定できない。

 何はともあれ、サイは投げられた。都知事選はその規模からいっても、単なる地方選挙ではない。自分達の一票が明日の日本の行く末を決めるという意思を持って、投票行動に繋げることを期待したい。

 

« 都知事選の争点に”脱原発”が争点はおかしいというけれど…。 | トップページ | 「TPP、空中分解の危機 『「次が駄目なら大変なことになる』」(産経ニュース)の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58946039

この記事へのトラックバック一覧です: 動き出した都知事選、でも結局はB層が鍵を握る。:

« 都知事選の争点に”脱原発”が争点はおかしいというけれど…。 | トップページ | 「TPP、空中分解の危機 『「次が駄目なら大変なことになる』」(産経ニュース)の記事を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ