« 浜松で起こったノロウィルスの集団食中毒事故について思うと | トップページ | 「囲碁文化の魅力と効用」(藁科満治・日本評論社)を読んで思うこと »

2014年1月25日 (土)

【都知事選】細川・小泉氏の演説を聞いて思うこと。

 都知事選が告示されて3日目。夕方、立川駅で行われた細川候補と小泉氏の演説をツイキャスで聞いた。細川氏は淡々と自分が今回の立候補にあたった経緯と知事就任後の公約を述べた。その後、小泉氏は脱原発について熱く語った。彼の演説の上手さは卓越している。どちらが候補者か分からないくらいだ。

 これまで私は新自由主義を邁進し、格差社会を生み出した小泉氏は支持しなかった。私自身、競争社会に敗れ、今やワープアであって長時間労働で何とか食い繋いでいる状況だ。もちろん私の努力が足りなかったと指摘されればそれまでだが、敗れた者は這いつくばって生きれば良いというような社会を容認することは出来ない。

 今回の都知事選も、細川氏の出馬には大いに疑問だった。まして、小泉氏が全面的に支援というのは非常に胡散臭く思えた。脱原発派を分断して安倍首相をサポートするのが目的ではないかとすら考えた。何せ、彼は脱原発以外のことについてはなんら言及していないのだ。正論なら宇都宮候補の方がはるかに勝っている。

 しかしながら、どんなに正論を訴えようが選挙は勝たなければ何にもならない。先日、ブログにも書いたが、選挙の勝敗を決めるのは、政策をちゃんと聞いて判断する方よりも、無党派層(≒B層:マスコミの論調に流されやすい)方々が大半なのだ。明らかな世論誘導だが、告示3日目にして、早くも共同通信や産経では「舛添先行」という世論調査結果を出している。

 もはや、安倍首相と夕食を共にするくらい仲の良いメディアは、横並びで舛添氏が有利なように展開している。細川氏の20年前の佐川マネーの件を蒸し返すのに、舛添氏の愚行は一切書いていない。そう考えると、彼らは自分達さえ良ければ良いという本当に腐った連中である。

 投票権のない自分には歯痒い思いだが、なんとかこうした驕り高ぶった連中を屈服させたい。カギを握るのが無党派層ならば、その無党派層を動かせるのは、宇都宮氏ではなく、小泉氏が全面的に支援する細川氏だろう。今日の演説には心打たれた。

 私自身、311の原発事故が起こるまでは、原発なんて地元の方々が許容するなら必要悪だと思っていた。安全神話を信じていたし、核廃棄物の問題なんて考えたこともなかった。まさに、今日、小泉氏が語っていたのと同じだった。

 また騙されるんだろう?と危惧する人がいるけれど、今日の演説を聞いていれば少なくとも脱原発に関しては裏切らないと思う。今や独裁国家を築こうとさえ思える自公政権に歯止めをかけるために、あと2週間でどれくらい都民に訴えることが出来るのか?大きなムーブメントになることを期待したい。

« 浜松で起こったノロウィルスの集団食中毒事故について思うと | トップページ | 「囲碁文化の魅力と効用」(藁科満治・日本評論社)を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59008586

この記事へのトラックバック一覧です: 【都知事選】細川・小泉氏の演説を聞いて思うこと。:

« 浜松で起こったノロウィルスの集団食中毒事故について思うと | トップページ | 「囲碁文化の魅力と効用」(藁科満治・日本評論社)を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ