« 「囲碁文化の魅力と効用」(藁科満治・日本評論社)を読んで思うこと | トップページ | NHKの新会長の発言は、自分達が政府の御用広報機関だと宣言したのと同じではないか? »

2014年1月27日 (月)

「研究用プルトニウム300キロ 米、日本に返還要求」(東京新聞)の記事を読んで思うこと

 日本に兵器級のプルトニウムがこんなにあったなんて、恥ずかしながら、この記事を読むまで知らなかった。2010年から返還を求めて交渉していたようだが、2011年東日本大震災による福島第一原発事故を契機にアメリカは”日本ではもう高速炉の研究などできない”と踏んだのだろう。

 そして、安倍内閣で、どんどん右傾化が進んでいることを危険視しているのかもしれない。何しろアメリカが靖国参拝は止めろ!と警告したにもかかわらず昨年末に行って、中韓との対立をさらに深めてしまったのだから、オバマ政権に”日本政府は信用できない”という空気が出来ても不思議ではない。

 軍事的には普天間基地の辺野古への移転を強引に行おうとしたり、オスプレイも買おうとしているし、集団的自衛権解釈の変更ひいては憲法改正まで視野に入れている。経済的にはTPP交渉に参加して日本市場をアメリカに提供しようとしている。これだけアメリカべったりなのに、プルトニウム返還の話が漏れてくるのは、やはり信用されていないと素人的には思ってしまう。あるいは”もっとアメリカに忠誠を尽くせ!”という警告なのか?

 本当のことが答弁されるかどうかは分からないが、国会が開会したのだから、このことについて野党は徹底的に質すべきだ。

« 「囲碁文化の魅力と効用」(藁科満治・日本評論社)を読んで思うこと | トップページ | NHKの新会長の発言は、自分達が政府の御用広報機関だと宣言したのと同じではないか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59021283

この記事へのトラックバック一覧です: 「研究用プルトニウム300キロ 米、日本に返還要求」(東京新聞)の記事を読んで思うこと:

« 「囲碁文化の魅力と効用」(藁科満治・日本評論社)を読んで思うこと | トップページ | NHKの新会長の発言は、自分達が政府の御用広報機関だと宣言したのと同じではないか? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ