« 「特定秘密保護法「改正は困難」森担当相、発言を修正」(産経新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 正々堂々、日本人横綱を誕生させよう。 »

2014年1月19日 (日)

名護市長選、現職の稲嶺市長再選!を果たして思うこと。

 米軍普天間基地の移設先として国が容認している辺野古のある名護市で、今日、市長選が行われ、現職で移設反対派の稲嶺市長が早々と当確を決めた。安倍政権としては痛手だろう。おそらく明日の官房長官会見では、地方選挙は国政に影響しないというようなコメントを白々しく述べるのではないだろうか?または地元民の意思より日米合意ほうが優先されるとでもいうのかな?

 報道を断片的にみると、自民党は現職の大臣や幹事長が地元に入って、末松氏を応援した。石破幹事長などは500億円の基金創設を訴えるなど、札束で地元民を蹂躙するような発言を平然と行った。「おまえが自腹で出すのかよ!」私ははらわたが煮えくり返るぐらいだった。沖縄選出の自民党議員や仲井真知事は蹂躙できても、地元民の心までは届かなかった。

 驕り高ぶる自公政権への真っ当な抵抗である。ただ、問題は大メディアがこれをどう伝えるか?なにせ安倍首相と仲良く夕食を共にする方々がトップにいるのだ。政権の打撃を及ぼさないようなオブラートに包まれた記事になるかもしれない。はたまた、日米同盟の危機などと煽るかもしれない。だけど、この国は民主主義ではないのか?

 危険なものは金を使ってでも田舎に押し付けて、東京はその恩恵に預って成長し続ければ良いのか?これは米軍基地問題に限らず、原発にも言えることだ。自分さえ良ければ、今さえ良ければそれで良い。いい加減、国民もこの思想から脱却できないものか。

 そんなにアメリカに追随したいなら、横田基地に海兵隊を置け、オスプレを置け!。そして、森元首相は原発廃止なら五輪返上などという妄言を吐くくらいなら、自民党をヨイショし続けるフジサンケイグループのフジテレビがあるお台場に原発を作れ!。

 他人を犠牲にして、自分達がヌクヌク美味しい汁を吸うことを許してはいけない。こんな連中を支持する方々も再考して欲しいと願うばかりだ。名護市民の決断が都会の腑抜けた連中への警鐘となることを期待したい。

 

 

« 「特定秘密保護法「改正は困難」森担当相、発言を修正」(産経新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 正々堂々、日本人横綱を誕生させよう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58974620

この記事へのトラックバック一覧です: 名護市長選、現職の稲嶺市長再選!を果たして思うこと。:

» 名護市長選:稲嶺氏再選 普天間移設先、地元のNO! 南相馬市長選:「脱原発」市長再選 [自分なりの判断のご紹介:ミラー]
昨日の二つの選挙。テーマは違いますが安倍政権にとっては民意?をどうくみ取るべきかを考えるならばもしかして解決の道が見えてくるかも知れませんが、自らのために国民をどうだ ... [続きを読む]

« 「特定秘密保護法「改正は困難」森担当相、発言を修正」(産経新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 正々堂々、日本人横綱を誕生させよう。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ