« 「碁打秀行(私の履歴書)」(藤沢秀行著・角川文庫)を読んで思うこと | トップページ | 浜松で起こったノロウィルスの集団食中毒事故について思うと »

2014年1月22日 (水)

都知事選、告示前夜に思うこと。

 今日、都知事候補者の舛添、田母神、宇都宮氏は日本記者クラブ、細川氏は都庁記者クラブで出馬会見を行った。もっとも注目を浴びたのが、細川氏。これまで脱原発以外の公約を発表しなかったからかもしれない。早速、原発推進を社是とする読売は、政治とカネという常套文句で佐川急便問題を蒸し返し、NHKのニュースもわざわざ、佐川急便問題で失脚したと報道した。

 原発推進派からみれば、世論調査の結果、舛添氏が有利であっても、小泉元首相がバックにいるというのは余程怖いらしい。「脱原発」の波を起こせるのは、小泉氏だと恐れているのだろう。騙されていけないのは、「将来的には脱原発」と言っている候補で、自分の任期中は黙認するのがミエミエだ。

 私は今のような新自由主義による格差社会を作り出した小泉元首相は支持したくない。ただ、小泉氏があの311の被害状況を見て脱原発に動いたのが本当なら、今の安倍政権崩壊を望むなら、細川候補に期待したい。(もっとも私に選挙権は無い)

 なぜなら、私自身、311で原発事故が起こるまでは、必要悪として、尚且つ、立地自治体の方々が問題ないならば、原発反対と言ってこなかった。あの事故があってから、初めて、核燃料サイクルを始めとする原発の真実、行政対応のお粗末さ、そればかりではなく、住民の健康より経済などとぬかす、政府の対応に憤慨したのだった。

 残念ながら、脱原発を表明する候補が分裂してしまった。尚且つ、宇都宮陣営を支える共産党は、同じ、脱原発を掲げる細川氏を攻撃している。方向性は同じなのに実直な方々は折れることをしない。傍から見れば、木を見て森を見ず。大局観が悪い私の囲碁のようだ。

 いずれにせよ、サイは投げられた。都民の方々が、真摯な気持ちで、自分達の生活に何が必要なのか?子供達の世代は?また、地方を犠牲にしても、自分達さえ良ければそれでいいのかどうか?是非、考えて投票して欲しいと願うばかり。

« 「碁打秀行(私の履歴書)」(藤沢秀行著・角川文庫)を読んで思うこと | トップページ | 浜松で起こったノロウィルスの集団食中毒事故について思うと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/58991792

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選、告示前夜に思うこと。:

« 「碁打秀行(私の履歴書)」(藤沢秀行著・角川文庫)を読んで思うこと | トップページ | 浜松で起こったノロウィルスの集団食中毒事故について思うと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ