« 「県警、ベビーシッターの男逮捕へ 死亡男児にあざ、遺棄容疑」(東京新聞)の記事を読んで思うこと。 | トップページ | 福島第一原発で汚染水処理装置の運用に暗雲が立ち込めているのに… »

2014年3月18日 (火)

私の好きな曲ベスト3と好きな曲の一部分。(女性歌手編)

 50年も生きてくると、好きな曲っていうのも多々あるけれど、女性楽曲のベスト3を上げろと言われたら次の3曲になるかな。まずはブログのタイトルにもなっている渡辺美里さんの「My Revolution」、次に平松愛理さんの「素敵なルネッサンス」、福耳の「星のかけらを探しに行こう Agein」。

 「My Revolution」は幾度となく落ち込んだ時に、この曲を聞くと元気が湧いてくるからだ。「きっと本当の悲しみなんて自分一人で癒すものさ」、この歌詞は心に響く。「素敵なルネッサンス」は自分のほろ苦い青春時代を呼び覚ますような感覚を再現させてくれる。「あの日光ってた笑顔の宝石」の部分が特に良い。そして、「星のかけらを探しに行こう Agein」は私のようなおっさんにもロマンチックな気分に浸れるメロディが堪らない。

 ところで昨年、文化放送「くにまるジャパン」で面白い企画があって、「この曲のこの部分が好きだ」というリスナーが好きな曲の一部分だけをピックアップしたものだった。残念ながら、仕事中だったのでメールは送れなかったけれど、私にもある。1つは斎藤由貴「MAY」のさびの部分で「だけど、好きよ、好きよ、誰よりも好きよ!」の最後の「好きよ」のところが台詞調になるのがグッとくる。

 もう1つは、石川ひとみ「まちぶせ」のさびの部分で「好きだぁったのよあなた、胸の奥でずぅっと~」で声が擦れるところに、情感が溢れるのだ。こんなところに惹かれる自分はおかしいのかな。でも、この2か所は絶対に外せない。

 それから、ベスト3には入れなかったけれど、私がこの世を去る時に流して欲しいのは、小泉今日子「あなたに会えてよかった」かな。もちろん、負け組の自分なんて野たれ死にするのが目に見えているけれど、こうして送ってもらえたら本望だ。今日はちょっとお酒が入り過ぎたようだ(笑)

« 「県警、ベビーシッターの男逮捕へ 死亡男児にあざ、遺棄容疑」(東京新聞)の記事を読んで思うこと。 | トップページ | 福島第一原発で汚染水処理装置の運用に暗雲が立ち込めているのに… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59315543

この記事へのトラックバック一覧です: 私の好きな曲ベスト3と好きな曲の一部分。(女性歌手編):

« 「県警、ベビーシッターの男逮捕へ 死亡男児にあざ、遺棄容疑」(東京新聞)の記事を読んで思うこと。 | トップページ | 福島第一原発で汚染水処理装置の運用に暗雲が立ち込めているのに… »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ