« なんと空しい大阪市長選だろうか。 | トップページ | 「福島原発事故:被ばく線量を公表せず 想定外の高い数値で」(毎日新聞)の記事を読んで思うこと »

2014年3月24日 (月)

鶴竜の横綱昇進について思うこと。

 昨日の大相撲春場所千秋楽で優勝を決めた鶴竜が横綱昇進を決めた。プレッシャーのかかった場所で、しかも、序盤に1敗しながらも、大関、横綱相手に勝ったのだから素晴らしい相撲内容だったと思う。これで3人のモンゴル人横綱が誕生する。私は人種差別主義者ではないけれど、日本の国技とされる相撲でここ何年か優勝力士が誕生しないことや、横綱が誕生しないことに一抹の寂しさを感じてしまう。

 今回、鶴竜は初優勝なのだ。確かに、先場所は準優勝?だったけれど、今までの横綱昇進基準と言えば、二場所連続優勝だったはずだ。そのハードルを下げたのは、日本人横綱を誕生させたいと願う相撲協会及び横綱審議委員が、稀勢の里を昇進させるためだったのは言うまでもない。結局、その目論見は失敗し、新たにモンゴル人横綱誕生に至ったのである。

 もはや、相撲が日本の国技といえども、世界各国から力士は誕生している。彼らは言葉も風習の違いも乗り越えて、一旗揚げようと努力していると思うのだ。日本人力士がなかなか優勝できないのも、そのメンタリティが負けているのではないか。横綱に一番近い力士である大関、稀勢の里は9勝6敗、琴奨菊は8勝7敗と勝ち越すのがやっとのありさまだ。もちろん両力士とも怪我が完治しないのに、これだけの成績をあげたのは立派だけれど、不甲斐なさも否めない。

 このままのペースで行くと、おそらく相撲人気はさらに下がってしまうだろう。今場所、脚光を浴びた遠藤が日本人力士の救世主となりうるのか?それとも、今場所12勝をあげた豪栄道が力をつけていくのか?いずれにしろ、日本人力士の奮起を期待したい。

« なんと空しい大阪市長選だろうか。 | トップページ | 「福島原発事故:被ばく線量を公表せず 想定外の高い数値で」(毎日新聞)の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59349566

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴竜の横綱昇進について思うこと。:

« なんと空しい大阪市長選だろうか。 | トップページ | 「福島原発事故:被ばく線量を公表せず 想定外の高い数値で」(毎日新聞)の記事を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ