« ウクライナ問題について思うこと。 | トップページ | 他人事とは思えない。また起こった夜行バスの死亡事故。 »

2014年3月 2日 (日)

「原発の再稼働容認は2割 30キロ圏156自治体」(東京新聞)の記事を読んで思うこと

 「原発の再稼働容認は2割 30キロ圏156自治体」(東京新聞)http://bitly.com/1pIfsO9

 この記事を読んで、「まだ地方自治体では良心があるんだな」と少しホッとした。まあ、このところ安倍政権及びそれに加担するメディアの「原発再稼働ありき」サブリミナル効果は酷い。例えば、貿易収支の大幅な赤字は原発停止による輸入原油増であり、この傾向が続けば大変なことになるなんていうことを今日も聴いた。

 原子力村の住人達は、こうしてメディアを金で操って庶民に対して巧妙に「原発が再稼働しないと、バンバン電気料金が増えていきますよ、貿易収支の悪化で国債が暴落し、さらなる増税が必要ですよ」と喧伝する。自分達さえ良ければそれで良いという恐ろしい人種なのだ。

 でも良く考えてみれば、3年前に起こった原発事故で未だに10万人以上の人達が帰れない。いや、これから何年帰れるか分からない。賠償だって打ち切られるかもしれない。それなのに、除染は進んでいますとか、高速道路が開通しましたとか、放射線量が未だ高いのに、まるで帰らないのが悪いという空気を作り出そうとしている。

 こういう状況を知れば、原発を抱える他の自治体だって馬鹿ではないのだから、慎重にならざるを得ない。原発の安全性なんて誰も保障してくれないのだ。再稼働容認の自治体だって、補助金欲しさが目当てで、住民感情はどうなのか分からない。まずは福島第一原発の事故収束が第一であって、それなくして再稼働なんてあり得ない。

 それでも悲しいかな、メディアによるサブリミナル効果はジワジワとB層に届いている。自分では何も考えないから鵜呑みにする。自分の生活が大変だと植え付けられれば、容易に政府の論理になびいてしまう。私のネガティブ思考全開だ。

 再稼働容認に慎重な自治体は、少なくとも政府や電力会社から、福島のような事故が起こった場合、どう保障されるのかという言質を取れ!福島の事故だって誰も責任を取っていない。こういうことをないがしろにしている状況では絶対にYESと言うな!個人的には断固抵抗して欲しいと願う。

注)ここに書いたサブリミナル効果という表現は本来の意味から逸脱しているが、ジワジワと人間の心に植え付けられるという意味で使用しました。

 

« ウクライナ問題について思うこと。 | トップページ | 他人事とは思えない。また起こった夜行バスの死亡事故。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59226152

この記事へのトラックバック一覧です: 「原発の再稼働容認は2割 30キロ圏156自治体」(東京新聞)の記事を読んで思うこと:

« ウクライナ問題について思うこと。 | トップページ | 他人事とは思えない。また起こった夜行バスの死亡事故。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ