« 台湾で起きていることをテレビで詳細に伝えないのは何故だろう? | トップページ | 渡辺善美氏は自ら証人喚問を要請すべき! »

2014年3月27日 (木)

袴田事件の再審請求が認められたことについて、思うこと。

 今日、静岡地裁で画期的な判断が下った。48年前、私がまだ3歳の時に起こった通称・袴田事件で死刑判決が確定した袴田死刑囚の再審請求を認めたばかりでなく、死刑の執行を取り消すと同時に、釈放を認めた。その上、検察側の出した証拠がねつ造の疑いがあるとまで述べたのだ。

 袴田死刑囚は夕方には東京拘置所から無事釈放されたけれど、静岡地裁の決定に対して、検察側は最後の最後まで抵抗した。もはや人間の理性があるとは思えない。この事件をいろいろ調べてみると、取り調べはまさに拷問と言えるものであり、これなら誰でも自供してしまうという酷さだ。これが本当なら、国連が指摘する中世の司法だ。

 こうしたことに、この国の警察・司法は変わろうという気がないのか?今回だって、DNA鑑定という技術が確立されたから、裁判所が重い腰を上げたわけで、なんやかんや言ったって、被告側が無実を証明しなければならないという、魔女裁判を平気で続けているのだ。

 裁判官は知ってか知らずか、これまで検面調書は絶対正義としてきたが、昨今の冤罪事件をみれば、この欺瞞性に気づくはずだろう。それに、検察側は押収した証拠をすべて開示するわけではない。自分達の論理に都合の良い証拠だけ提出する。裁判官はそれに基づき判断するのだから、99%が有罪になって当然なのだ。

 こうした不幸な出来事を出来るだけ無くすには、取り調べの可視化と証拠の全面開示しかない。だいだい無罪かもしれない人の自由を48年も奪ってきたことに、反省する気はないのか?どっちが真っ当な人間なのか。

 今回、めでたく釈放された袴田さんだが、あいにく認知症の症状が出ているらしく、釈放された意味が分かっているのかどうか判断できないという。死刑が確定してから30年以上も経てば、精神に異常をきたしても仕方のないことだ。こうした言い方は大変失礼に当たるが、真っ当な精神力では、死刑の恐怖に打ち勝てなかったのかもしれない。私だったら、とっくに精神崩壊だ。

 検察とお仲間の大手メディアは警察や検察の酷さをこれっぽっちも報道していないが、いい加減、目を覚ませよ。お前らは権力の監視機関なんだ。どうして、こんなことになったのか、その異常性も徹底的に追及すべきではないのか?裁判所、警察、検察、そして、メディアに猛省を望む。

« 台湾で起きていることをテレビで詳細に伝えないのは何故だろう? | トップページ | 渡辺善美氏は自ら証人喚問を要請すべき! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59365546

この記事へのトラックバック一覧です: 袴田事件の再審請求が認められたことについて、思うこと。:

« 台湾で起きていることをテレビで詳細に伝えないのは何故だろう? | トップページ | 渡辺善美氏は自ら証人喚問を要請すべき! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ