« 『「小保方氏が捏造、改ざん」 STAP論文 理研最終報告』(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 睡眠改善で負のスパイラルから抜け出せるかもしれない。 »

2014年4月 3日 (木)

武器輸出三原則の見直し-とうとうこの国は人の生血を啜る堕国に成り下がるのか?

 安倍政権は真っ当な批判に晒される前に、何でもかんでも閣議決定する。今回も武器輸出三原則を見直して、理屈をつければ仮想敵国でなければ、どこへでも武器輸出してしまおうという腹だ。偏っていると言われるかもしれないが、素人の判断としては、こう考えざるを得ない。

 もうこの男が”平和”と口にするのは勘弁ならない。誰が考えたか分からないが、”戦後レジュームからの脱却”、”積極的平和主義”などと言いつつ、特定秘密保護法案や集団的自衛権の解除(予定)など、着実に戦争可能な道筋を辿っているではないか。

 細かいことを言えば、電子機器なんて、ある意味軍事転用は容易だから、日本製の部品が武器に使用されていたこともあったかもしれない。だけど、少なくとも日の丸はついていなかった。しかし、今回、輸出可能な武器には”MAID IN JAPAN”が付くのではないのか?

 もちろん、いろいろなハードルはつけるから、NHKを始めとする大手メディアはあまり報道しないか、あるいは報道しても”人道的”云々と語って、我々庶民の感覚を麻痺させるのだろう。おそらくどんな武器がどこへ輸出されるかも、特定秘密保護法で開示されないはずだ。

 一旦国外に出てしまえば、その武器がどう流れるなんてコントロールできるはずがない。”MAID IN JAPAN”の武器で平然と人殺しが行われるのだ。中韓北を除く、世界中の多くが”日本は平和国家”だと認めてくれていたのに、それをも踏みにじる行為に出る。情けないやら、悲しいやら。

 とにかく、安倍政権は根底には戦争がしたいとしか思えない。早く潰さないと大変なことになるのに、籠絡されているメディアは批判しない。丸っきり戦前の様相だ。だんだん暗黒社会が待っているような気がして仕方ない。

« 『「小保方氏が捏造、改ざん」 STAP論文 理研最終報告』(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 睡眠改善で負のスパイラルから抜け出せるかもしれない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59406043

この記事へのトラックバック一覧です: 武器輸出三原則の見直し-とうとうこの国は人の生血を啜る堕国に成り下がるのか?:

« 『「小保方氏が捏造、改ざん」 STAP論文 理研最終報告』(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 睡眠改善で負のスパイラルから抜け出せるかもしれない。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ