« 【『秋葉原事件』加藤智大の弟、自殺1週間前に語っていた「死ぬ理由に勝る、生きる理由がない」】(週刊現代・J-cast)http://bit.ly/OSA5bMの記事を読んで思うこと | トップページ | 個人的な愚痴と怒り。 »

2014年4月13日 (日)

第3回 将棋電王戦を観て思うこと。

 私が子供の頃、電卓と”そろばん”の計算勝負があった。まだ電卓なんて世間に出たての頃だったから、そろばんが勝っていたけれど、それも短い間だった。今では、そんな企画すら成り立たない。知能分野においても、機械と人間との勝負では、時を重ねるごとに、機械の方が勝っていく。

 ニコニコ動画のドワンゴが主催する将棋電王戦が昨日終った。結局、4勝1敗でPCソフト側の勝利となった。昨年も3勝1敗1分けとPCソフト側が勝利したけれど、今回は制限時間も2時間延ばしたし、PCソフトの事前貸付も行ったし、ハードウェアは主催者側が統一した。つまり、昨年より将棋プロ棋士側が有利だったのだ。

 それにもかかわらず、プロ棋士側は敗北してしまった。とにかく昨年からの10局で2局しか勝てていない。もはや、PCソフトの実力を認めない訳にはいかなくなったと言える。ここで完全敗北宣言をしてしまうのか?または、別の方法で来年戦うのか?将棋連盟も思案のしどころだろう。

 私もそんなに暇ではないので、最初から最後まで観ているわけではないけれど、駒の動かし方ぐらいしか分からない素人の私が見ても、プロ棋士側が”攻め”ているようには思えない。ソフトの評価値も、ほとんどプロ側がマイナスだ。なにせ、大勢のプロ棋士が舞台裏で次の手を予想しているのに、PCソフトの打つ手は違ったりすることがままある。

 本来なら”悪手””妙手”の類なのだろうが、終わってみれば、結局、その手がターニングポイントだったりするのだ。そうなると、人間の考える手よりもPCソフトの方が優れていると思わざるを得ない。後は現代の三強の誰かが三大棋戦と同じく、2日制、制限時間9時間、の7番勝負で決着をつけるぐらいしか、我々素人を納得させることは難しいだろう。もう、将棋の世界では、コンピュータは人間を凌駕してしまったのだ。

 将棋と同じく伝統あるボードゲームのチェスも10年くらい前にはPCソフトに勝てなくなった。それでもチェスというゲームは無くならないし、プロも存在している。観る方としては、100m競争で車と人間が競っても興味が湧かないのと一緒なのだ。

 そう考えると、これから将棋界は、PCソフトを活用して、共存共栄を図る道しか残されていないように思う。

« 【『秋葉原事件』加藤智大の弟、自殺1週間前に語っていた「死ぬ理由に勝る、生きる理由がない」】(週刊現代・J-cast)http://bit.ly/OSA5bMの記事を読んで思うこと | トップページ | 個人的な愚痴と怒り。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59463862

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回 将棋電王戦を観て思うこと。:

« 【『秋葉原事件』加藤智大の弟、自殺1週間前に語っていた「死ぬ理由に勝る、生きる理由がない」】(週刊現代・J-cast)http://bit.ly/OSA5bMの記事を読んで思うこと | トップページ | 個人的な愚痴と怒り。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ