« 50歳最後の夜に思うこと。 | トップページ | JTB中部の社員がバスの手配ミスを隠すために偽装行為を行っていたことについて思うこと。 »

2014年4月28日 (月)

島根県の人口が70万人を切ったことについて思うこと。

 島根一区選出の自民党石破幹事長はこのニュースをどう感じているのだろうか?これは島根に限ったことだけではなく、地方、あるいは関東地方でも私の住んでいる町のように競争力のない自治体は衰退していく。ただでさえ、日本は人口減少社会になっているのだから、歳を追うごとに、こういう傾向は続いていくだろう。

 かつては国土の均衡ある発展などと言っていたが、新自由主義社会になってからは、東京への一極集中に向っている。田舎にだって、ちゃんと食べていけるだけの職業と利便性があれば、人は去っていかない。若い人達には東京が良いところに映ってしまうのも無理はない。

 安倍政権になって、道州制という言葉も聞かなくなった。軍事、外交を除くすべてのことは地方に任せるというような空気もなくなった。なんだかんだ言って、中央集権国家を維持していく腹だ。もちろん、お膳立ては全て官僚だろう。地方は生かさず殺さず、適当なさじ加減で、東京に貢献するために生かしておこうという訳か?そのためか、地方の建設業だけは中央の下請けとして潤うような国土強靭化と称した利益誘導を行っているのかもしれない。これで良いのか?

 首相と適宜、会食を重ねているようなメディアの世論調査なんて全く信用しないけれど、消費増税後も支持率はアップしているようだ。答えた人を連れてこいと言いたいが、まあ、恩恵を受けている人私の周りにいないだけで、少なからずいるのだろう。

 地方対策や中小企業対策には有効打が出ずじまいで、やれ、集団的自衛権容認だ、さらに消費税をアップするぞ、そのかわり法人税は引き下げるぞ、労働者は奴隷のように働いてもらうぞ、福島第一原発事故は収束したから核廃棄物なんて将来の人達に任せて他の原発もガンガン再稼働するぞ、etc、そんな内閣の支持率が上がるなんて、自分には到底ついていけない。

 もう自分に明るい将来は期待できないから、どんどん滅亡への道を進んでくれ。そう捨て台詞を投げつけたい、51歳最初の夜だった。

« 50歳最後の夜に思うこと。 | トップページ | JTB中部の社員がバスの手配ミスを隠すために偽装行為を行っていたことについて思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59547884

この記事へのトラックバック一覧です: 島根県の人口が70万人を切ったことについて思うこと。:

« 50歳最後の夜に思うこと。 | トップページ | JTB中部の社員がバスの手配ミスを隠すために偽装行為を行っていたことについて思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ