« 消費増税前夜に思うこと。 | トップページ | 武器輸出三原則の見直し-とうとうこの国は人の生血を啜る堕国に成り下がるのか? »

2014年4月 1日 (火)

『「小保方氏が捏造、改ざん」 STAP論文 理研最終報告』(東京新聞)の記事を読んで思うこと

 新年度が始まり消費増税が始まった日に、『「小保方氏が捏造、改ざん」 STAP論文 理研最終報告』(東京新聞)http://bit.ly/1mH0KXK、という会見があった。明日のニュース、ワイドショーはこのことで持ちきりだろう。勘ぐりたくはないが、まるで消費増税のニュースを打ち消すかのようなタイミングではないか。

 ただ、この中にある、小保方氏の改ざん、ねつ造とまで言及しているのは驚く。本人は代理人を通じて否定したようだ。前にも書いたけれど、私には彼女が論文の体裁を整えるためというなら分かるが、改ざんやねつ造までしてこんなことをする動機がサッパリ分からないのだ。

 だって、ノーベル賞級の発見・発明となれば、世界中の研究機関が検証を行うなんてことは、素人だってわかる話だ。最後まで騙し通せる訳がない。それなのに、敢えてこんなことをするだろうか?一番大事なことは、果たしてSTAP細胞が存在するかということになろう。

 今の段階だと、小保方さんに全て責任を負わせて、後は出来るだけ傷つけないようにしているようにしか思えない。これは個人研究ではないのだから、研究者が応分に責任を負わなければならない。このままだと、小保方さんのみ研究者失格の烙印を押されて、他の方達は意気揚々と研究者であり続けられる。何だか、凄く後味が悪いと思うのは自分だけだろうか?

« 消費増税前夜に思うこと。 | トップページ | 武器輸出三原則の見直し-とうとうこの国は人の生血を啜る堕国に成り下がるのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59393975

この記事へのトラックバック一覧です: 『「小保方氏が捏造、改ざん」 STAP論文 理研最終報告』(東京新聞)の記事を読んで思うこと:

« 消費増税前夜に思うこと。 | トップページ | 武器輸出三原則の見直し-とうとうこの国は人の生血を啜る堕国に成り下がるのか? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ