« 「小泉・細川氏共闘第2章 脱原発国民運動へ 」(4/15・東京新聞)の記事を読んで思うこと。 | トップページ | 「世界一企業が活動しやすい国」=「過労死世界一の国?} »

2014年4月22日 (火)

オバマ来日にどんな意味があるのだろう?

 明日、オバマ大統領が来日する。個人的には何しに来るの?という感じだ。日米同盟の強化などと、政府機関の大手メディアは吹聴しているけれど、わざわざそんなことをしにくるのか?国賓待遇で迎えるようとしているのに、迎賓館にも泊まらず、宿泊先はホテルオークラではないか?それに、宮中晩さん会もなく、明日の夜、すきやばし次郎で私的な食事があるのみだ。

 勘ぐれば、フラれようとしている男が金に糸目をつけずにラブコールを送っているだけのような気がする。今のアメリカなんて、ウクライナ問題でプーチンにやられたい放題だ。電話で文句を言うのが関の山であって、EU各国でさえ静観の構えだ。ロシアの行為も酷いが、アフガンはともかく、イラク戦争なんてれっきとした侵略戦争を起こしたアメリカが批判できる立場ではないだろう。

 そういう状況下にありながら、安倍首相は中韓との関係をさらに悪化させている。特に尖閣問題では、ひょっとしたら武力衝突すら危ぶまれる。それにプーチンとは比較的胸襟を開いて会談しているようだし、やれ積極的平和主義だの、戦後アンシャンレジームからの脱却だの、やたら戦前回帰のような姿勢がみられれば、信頼できないのは当然だ。

 その上、今日、事務レベルでのTPP日米交渉で歩み寄りはみられなかった。個人的には、こんな交渉はすぐさま打ち切るべきだと思っているので良かったことだが、来日するオバマにとっては面白くないことに違いない。それでも大人だから、明日の夜、すきやばし次郎で寿司を喰っているところをメディアに撮らせて、あるいは政府が提供して、「日米首脳は親密なんですよ~」なんていう報道を繰り返すだろう。少なくとも、私は騙されない。

 結局、今回のオバマ来日なんて、一種のパフォーマンスなのだろう。すきやばし次郎の外にオバマガールズでも呼んで歓待してあげて、ワイドショーで流したら面白い。

« 「小泉・細川氏共闘第2章 脱原発国民運動へ 」(4/15・東京新聞)の記事を読んで思うこと。 | トップページ | 「世界一企業が活動しやすい国」=「過労死世界一の国?} »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59513923

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ来日にどんな意味があるのだろう?:

« 「小泉・細川氏共闘第2章 脱原発国民運動へ 」(4/15・東京新聞)の記事を読んで思うこと。 | トップページ | 「世界一企業が活動しやすい国」=「過労死世界一の国?} »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ