« 「美味しんぼ」騒動について思うこと。 | トップページ | PC遠隔操作事件に新展開。真犯人を名乗る人物がこの時点でメールを送りつけるなんて。。 »

2014年5月15日 (木)

【素人目線】第69期本因坊戦第一局をみて思うこと

 昨日から第69期本因坊戦が始まった。24歳の井山六冠に挑戦するのは20歳の伊田八段だ。囲碁新時代を感じる。伊田八段だって、昨年の今頃はまだ三段だった。その後、予選を勝ち抜き上位4名だけが新たに入れる9月に本因坊リーグに進出し七段に昇段した。そして、山下九段にリーグ戦、プレーオフと2連勝して挑戦権を獲得した。これで八段に昇段したのだ。この勢いは凄い。

 そして迎えた本因坊戦第一局。伊田八段の地元鈴鹿市で行われた。伊田八段にとっては初めての二日制の対局、果たして、今、日本棋士ではトップの井山六冠とどう戦うのかが興味深く、仕事中も隙間時間を見つけては、幽玄の間、対局状況を伝えるツイッター等々を観ていた。

 先番(黒)は井山六冠。序盤23手目ぐらいまでは素人の私でも並べ替えできるくらい分りやすい進行で、消費時間も早かった。それから45手までは、白が三つの隅を確保しているものの、黒は中央に大きな模様を築いている気配だった。そして、白46で上辺に打ち込んだ。「おお、そこから手を付けるのか?」素人の反応はこんなものだ。それから白が右辺も荒らし始めたが、黒は上辺に打ち込んだ白を攻めにいって打ち掛けとなった。この段階で、私は黒有利と判断した。いくらなんでもこの白は生きないし、上辺から中央にかけて出来るであろう地は相当大きいと感じたからだ。

 ところが二日目、伊田八段の封じ手から激しい戦いになる。生きるか死ぬか?この辺りの駆け引きをリアルで観られなかったのは残念でならない。そして、上辺に打ち込んだ白の一団も、右辺を荒らした白もシノげるように三村九段がツイートしたので、これは白有利か?、ひょっとすると、伊田八段が先勝するのかと思った。

 しかし、さすがは井山六冠。ここで黒85と右辺の白を脅かす一手が出る。ここからは完全に井山六冠の主導権。私が右辺の攻防に気を取られている瞬間、すかさず上辺の白の目を奪う。完全に流れが変わった。この白一団が生きるのかどうか?スマホで時折見るにつれ、ハラハラドキドキしてくる。

 プロ対局の面白さは、死ぬか生きるか、ギリギリの闘いが展開されることだ。到底素人には真似できない戦いが続く。この面白さが、碁を全く知らない人に伝えられたら、囲碁人口は増えるのだろう。結局、黒が上辺から連なる白の一団をものにしたばかりではなく、最終的には下辺にも進出して、伊田八段の投了となった。これで喰っているとはいえ、BSで解説していた高尾十段も勝勢でも最後まで緩まない井山六冠を称賛していたのが印象的だ。

 ただ、今回、伊田八段は三大タイトル戦初挑戦であり、2日制の要領等々も分からなかったはずだ。淡々と対局する井山六冠に対して苦しい表情が目立った。これで要領は掴めたと思うので、次局はこの経験を生かして頑張って欲しい。

 

« 「美味しんぼ」騒動について思うこと。 | トップページ | PC遠隔操作事件に新展開。真犯人を名乗る人物がこの時点でメールを送りつけるなんて。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59648629

この記事へのトラックバック一覧です: 【素人目線】第69期本因坊戦第一局をみて思うこと:

« 「美味しんぼ」騒動について思うこと。 | トップページ | PC遠隔操作事件に新展開。真犯人を名乗る人物がこの時点でメールを送りつけるなんて。。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ