« PC遠隔操作事件が急展開。まさかの被告人失踪。 | トップページ | 「吉田調書」と福井地裁での「大飯原発 稼働差し止め判決」について思うこと »

2014年5月20日 (火)

PC遠隔操作事件はあっけない幕切れだったが…・。

 PC遠隔操作事件は片山被告が一切の関与を認める形で終わった。佐藤弁護士の記者会見はまだ見ることが出来ないが、ツイッターで大まかな推移は分かった。今後はこの事件がどんな動機で行われ、どのような方法が使われたのか正直に語って欲しい。

 私の頭の中では「敵を欺くにはまず味方から」という諺が真っ先に思い浮かんだ。私もそうだが、弁護士も彼を擁護する人達も皆騙された。私が陥った錯覚は、第一にここ数年、冤罪事件が次々に発覚し、捜査当局のやり方に疑念を覚えていたことだ。逮捕前から記者クラブメディアにリークして、「猫に首輪を付けた写真」の存在や、片山被告が猫カフェでいる写真を撮らせていることに違和感を感じた。

 それに取り調べの可視化拒否に続き、起訴したのにも関わらず拷問とも言える長期拘留等、まるで中世と言われるような手法が次々と行われていたのは事実でだ。もし自分がその立場に置かれたらと想像すると恐ろしくて仕方なかった。

 そして、公判が開始されても、猫の写真どころかCIAから得られた確固たる証拠なども出てこない。検察側が状況証拠だけで立証しようとしていたようにみえた。裁判の推移を知っている人なら誰でも冤罪を疑ったに違いない。

 今回の自作自演メールでも、捜査当局が監視している中でそんなことをするとは思いもよらなかった。まして、弁護士を欺いて、別のPCやスマホを持っていたなんて知るすべもない。まあ、天網恢恢疎にして漏らさずなのか。とにかく、この自作自演メールがなければ、仮にこの事件が裁判員裁判で、私が裁判員だったとしたら無罪にしていただろう。

 しかし、今回の件で、冤罪を防止するための方策として取り上げられている取り調べの可視化や、証拠の全面開示、人質手法の廃止などの取り組みが遅れそうな気がして仕方ない。普段なら滅多に会見すらしない検察の偉いサンが鬼の首取ったように語る記事や弁護士バッシングの記事がどこかに載るだろう。そして、今回の経緯を知らなかった人達は感化されていく。結局、国連から中世の司法と揶揄されながらも、この手法が生き延びてしまうのか?それだけは、あってはならない。

 

« PC遠隔操作事件が急展開。まさかの被告人失踪。 | トップページ | 「吉田調書」と福井地裁での「大飯原発 稼働差し止め判決」について思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59677350

この記事へのトラックバック一覧です: PC遠隔操作事件はあっけない幕切れだったが…・。:

« PC遠隔操作事件が急展開。まさかの被告人失踪。 | トップページ | 「吉田調書」と福井地裁での「大飯原発 稼働差し止め判決」について思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ