« 【石破氏「公明は主体性失うな」 創価学会の見解受け】(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | PC遠隔操作事件はあっけない幕切れだったが…・。 »

2014年5月19日 (月)

PC遠隔操作事件が急展開。まさかの被告人失踪。

 片山被告が逮捕されて以来、この事件に興味を持ち、弁護人のインタビュー、江川紹子さんの記事を読み、基本的に私は「疑わしきは罰せず」という立場でこの事件の経緯をみていた。捜査当局がマスコミリークによって被告人を犯人と印象付け、取り調べの可視化も拒否し、尚且つ、起訴されてからも1年近く保釈を認めなかった。

 今年になって保釈が認められ、裁判が進むにつれて、検察側の証拠が確固たるものではないことが明らかになっていった。そもそも猫に首輪を付けた写真がない。また、誤認逮捕だったのか?という思いが強くなっていた。

 ところが先週の金曜日に真犯人からメールが届いたことで事態は一変した。私はブログで、裁判で確固たる証拠が出てこない中、保釈中に被告自身がメールを送るなんてあり得ないと思っていた。自らのPCにはパケット警察なるフリーソフトを入れ暗号は弁護士が持っている。タイマーを使って時間設定できそうなのは分かっていたが、捜査当局が監視するなかで自作自演メールを送るなんて想像もつかなかった。

 今日になり、捜査当局が片山被告の自作自演を疑い、その証拠は河川敷に彼が携帯を埋め、尚且つ発信記録を特定したとの報道が流れた。そして、片山被告は急遽行われた弁護側の記者会見に出席しないどころか、弁護士とも音信不通という。

 私も妄想する癖はある。しかし、片山被告が嵌められたとか、今は拉致監禁されているとか、自殺に追い込まれた?等々、いろいろと捜査当局の陰謀説はあるけれど、午前中、弁護士と音信不通になっていること時点で詰んでいるような気がする。策士、策に溺れるということなのか?

 決め付けは良くないので、次回の公判に出廷するかどうか?また、捜査当局が新たな情報を出すかどうか?落合弁護士に届いた3つのハードディスクは何を意味するのか?それらを注視していきたい。何が何だかサッパリわからなくなってきた。

 

 

« 【石破氏「公明は主体性失うな」 創価学会の見解受け】(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | PC遠隔操作事件はあっけない幕切れだったが…・。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59671404

この記事へのトラックバック一覧です: PC遠隔操作事件が急展開。まさかの被告人失踪。:

« 【石破氏「公明は主体性失うな」 創価学会の見解受け】(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | PC遠隔操作事件はあっけない幕切れだったが…・。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ