« 【素人目線】第69期本因坊戦第一局をみて思うこと | トップページ | ブログへの投稿が1000回を達成! »

2014年5月16日 (金)

PC遠隔操作事件に新展開。真犯人を名乗る人物がこの時点でメールを送りつけるなんて。。

 今日のPC遠隔操作事件公判中、落合弁護士をはじめ多数のメディア関係者に、真犯人と名乗る者からメールが届いた。落合弁護士のブログにほぼ全文が公開されたので読んでみた。http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20140516#1400218482

 とにかく具体的に片山被告をターゲットにした理由、遠隔操作の方法などが書かれている。いたずらにしては手が込んでいる。それに、公表されていない脅迫文2通も添付されている。今回の公判では13件ある事件の内、立件したのは4件なのだから、他の9件の内容は犯人か、捜査当局しか知らないはずだ。この脅迫文が本当だとしたら、これは真犯人と推測しても良いのではないか?

 夕方、片山氏並びに弁護団の記者会見を観た。このメールを出したのは、片山氏が自作自演したのではないかという疑惑が浮ぶのは当然だ。ただ、弁護側も真犯人がメールを送ってくる場合も想定していてちゃんと対策を立てていたようである。この話を聞く限り、自作自演でメールを出すのは難しい。

 もちろん捜査当局側が、本当は届いていても「そんな脅迫文は存在しない」と言ってしまえば、何もなかったかのように公判は続く。何せ、この事件では既に4人も誤認逮捕しているのだから、片山氏で5人目ともなれば大変なことになる。袴田事件をみても分かる通り、彼らに性善説は通用しない。どんなに辻褄が合わないような事でも過ちは認めない。そして仮に冤罪になっても罰せられることはない。一度目をつけられたが最後、メディアを使って人格破壊まで行われる。恐ろしい限りだ。

 弁護側は週明けにも今回のメールについて確認すると言っているが、この事件を珍しく報じたNHKによれば(伝聞)、警察は片山氏への事情聴取も行うという。冷静に考えて、公判中に、しかも検察側の立証が的確ではなく被告人有利な状況で、こんなメールを出すだろうか?何だか事態が混沌としてきた。果たして、どういう展開になっていくのか、冷静に推移をチェックしていきたい。

« 【素人目線】第69期本因坊戦第一局をみて思うこと | トップページ | ブログへの投稿が1000回を達成! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59654192

この記事へのトラックバック一覧です: PC遠隔操作事件に新展開。真犯人を名乗る人物がこの時点でメールを送りつけるなんて。。:

« 【素人目線】第69期本因坊戦第一局をみて思うこと | トップページ | ブログへの投稿が1000回を達成! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ