« 【素人目線】第69期本因坊戦第二局を観て思うこと。 | トップページ | 韓国KBSが社長解任のストライキを行っていることについて思うこと。 »

2014年5月28日 (水)

「日本維新の会」分裂は驚かないが、またネガティブ思考が始まってしまった。

 「日本維新の会」と「太陽の党」が合流から1年半で分裂か。もっとも、合流当初から橋下氏と石原氏の言っていたことは食い違っていたし、その後も原発に対する考え方や憲法に対する考え方も相容れないような状況だったから、分裂したといっても特に驚きはない。

 これで自民党、みんなの党、民主党の一部、石原党(名前がまだない)は、改憲に動くのだろう。維新の会、結の党も追随する可能性がある。いずれにしても、この勝ち組とも言える方々は、あの太平洋戦争の惨禍を何ら反省もせず、着々とアメリカと一緒に戦争できる国しようとしているのは明らかだ。どんな方便を使おうが、根本はここにある。

 私は前から改憲自体は悪いこととは思わないが、今の憲法で何が駄目なのかがしっかり示されないのに改憲するのはどうなのかという疑念が消えない。結局、この方々は今の中国や韓国のやり方が面白くなくて、「いつでもお前らを攻撃できるんだぞ!!」っていうことにしたいのではないかなんて妄想してしまう。

 あなた方のプライドは結構だけれど、今や中国や韓国との貿易を止めて日本経済が成り立つのか?アメリカだって中国との貿易関係を反古に出来ない。仮に尖閣近辺で戦闘行為があったとして、アメリカ議会が戦争に賛成するとは思えない。閣議で憲法解釈変更なんてしようものなら、真っ先に批判的な態度をとるのは中国や韓国ではないか?ますます緊張状態が高まるのは目に見えている。

 その上、この方々は不測の事態(戦争)に落ちったとしても、責任を取るのかどうか分からない。盛んに邦人保護などと言う名目で安倍首相は集団的自衛権解釈変更の必要性を訴えているが、よほどの親派か、接待漬けのメディアでもない限り、こんなのは詭弁に過ぎないことは理解できるはずだ。これまでこの国にはどれだけ「想定外」のことが起きているのだ。

 先々週のASKA逮捕に続き、今週はAKB襲撃事件でワイドショーは一色に染まっているようだ。妄想だが、おそらくワイドショーを観ている人の多くが世論に反映されているのだから、世間は集団的自衛権容認になんて関心を向けなだろう。

 4割の人が選挙に行かない、そして、喫緊で直接自分に関係のないことには関心が無い。もう一度、この国は落ちるところまで落ちないといけないのかもしれないというネガティブな気分が抜けない。

« 【素人目線】第69期本因坊戦第二局を観て思うこと。 | トップページ | 韓国KBSが社長解任のストライキを行っていることについて思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59720646

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本維新の会」分裂は驚かないが、またネガティブ思考が始まってしまった。:

« 【素人目線】第69期本因坊戦第二局を観て思うこと。 | トップページ | 韓国KBSが社長解任のストライキを行っていることについて思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ