« 「報道の自由度ランキング」(国境なき記者団)が59位に落ちたことについて思うこと。 | トップページ | radikoプレミアムに登録して思うこと。 »

2014年5月 5日 (月)

東京新聞までも「防衛装備品」と書くのは少し悲しい。

 「防衛装備品開発で協定交渉開始へ 日仏首脳会談」(東京新聞)。この見出しをみてガッカリした。せめて「防衛装備品=武器」とでも書いて欲しかった。少なくとも私は騙されない。日本政府の悪い所はこうした言葉の言い換えを行うことによって、悪いことでも心理的ハードルを下げようとしていることだ。これを唯々諾々と従っているメディアには失望する。

 あの太平洋戦争でも、こういう言い換えは大本営によって盛んに行われた。ミッドウェイ海戦の敗戦から撤退したことについても「転進」と言っていたようだ。そして、311原発事故でも、炉心溶融をはじめ、様々な言い換えによって国民を欺いてきた。それにもかかわらず、メディアは何ら反省しない。自民党から間接的にでも利益誘導されているとしか思えないくらいだ。

 大手メディアはもう屑の極みとしか言いようがない状況に落ちているが、東京新聞だけは政府のおかしな行動は的確に指摘していると思っていた。だから、当新聞が「防衛装備品」と書いたのには唖然としたのだ。結局、同じ穴のムジナ?または単なるガス抜きメディアなのか。

 まあ、安倍首相はメディアを手中にしてしまったからか、我が世の春とばかり、ヨーロッパの外遊で有頂天になっている。野党は徹底的に追及しないし国会で波風すら立てようとしない。共産党にしても選挙となれば、結局、陰の自民党支援隊になっている。何が「確かな野党だ」だ。徹底的にスキャンダルを追及しないのか?

 話は戻るが、今や戦前・戦中のメディアと同じような様相を見せていることには悲観的にならざるを得ない。でもね、浮かれているのは今の内だ。きっと私と同じように感じている人も多いはず。その火種だけは残しておこう。

 

« 「報道の自由度ランキング」(国境なき記者団)が59位に落ちたことについて思うこと。 | トップページ | radikoプレミアムに登録して思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59588659

この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞までも「防衛装備品」と書くのは少し悲しい。:

« 「報道の自由度ランキング」(国境なき記者団)が59位に落ちたことについて思うこと。 | トップページ | radikoプレミアムに登録して思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ