« 「吉田調書」と福井地裁での「大飯原発 稼働差し止め判決」について思うこと | トップページ | 【ASKA逮捕】楽曲に罪がないのにメディアから流れないのは残念だ。 »

2014年5月22日 (木)

「正造の直訴状 113年後届いた 両陛下 栃木で見学」(東京新聞)の記事を読んで思うこと

 昨日、画期的な福井地裁での大飯原発再稼働差し止め判決にも関わらず、今日、菅官房長官は規制委員会が安全だと判断したら、順次原発を再稼働すると断言した。他人の命より経済優先を認めたということだ。本当に狂っている。

 それに引き替え、天皇皇后両陛下は昨日、佐野市郷土博物館で明治天皇に直訴した田中正造の書状を見学されたという。これは、園遊会で山本太郎議員が行った行為に対する答えなのかもしれないし、安倍政権が福島第一原発の事故を何ら反省せず、再稼働に突き進もうとしていることへの不満なのかもしれない。なにせ天皇陛下には何ら利害関係などない。国民目線でいることは確かだ。

 もっともメディアを手なずけている安倍政権にとっては、この行為すら利用する可能性がある。基本的には無視するし、報道しても肝心な部分は省略するか、あるいは事実関係だけを伝えるのだろう。自分達の利益のためなら、国民のことなど二の次に考えているのは明白だ。今日の読売の社説などは読むに堪えない。

 奇しくも、PC遠隔操作事件で犯行の全てを告白した片山被告は、自分自身をサイコパスであり、平気で嘘をつける人間だと語った。彼の行った犯罪は許されるべきではないが、自分自身を冷静に捉えていることは真面である。

 なぜなら、この国の首相は福島第一原発が「アンダーコントロール」と全世界に向けて公言できる人間であると同時に、そのこと自体何ら間違っているとは思っていない。年金の件もそう、TPPだって自民党自体選挙前は交渉すら反対したのに、今では、どう締結するかという段階だ。とにかく平気で嘘をつける人間に他ならない。それでも批判するメディアが少ないのは嘆かわしい限りだ。

 私には何でこんな卑劣な首相の支持率が50%を超えているのか訳が分からない。暗澹たる気分だ。

« 「吉田調書」と福井地裁での「大飯原発 稼働差し止め判決」について思うこと | トップページ | 【ASKA逮捕】楽曲に罪がないのにメディアから流れないのは残念だ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59688331

この記事へのトラックバック一覧です: 「正造の直訴状 113年後届いた 両陛下 栃木で見学」(東京新聞)の記事を読んで思うこと:

« 「吉田調書」と福井地裁での「大飯原発 稼働差し止め判決」について思うこと | トップページ | 【ASKA逮捕】楽曲に罪がないのにメディアから流れないのは残念だ。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ