« 「吉田調書、自民議員も閲覧ダメ 政府が拒否」(朝日新聞 http://bit.ly/1h8xYxV)の記事を読んで思うこと | トップページ | 「民主議員が告発した官僚の実態」(ライブドアニュース:http://bit.ly/1xhMNTI)を読んで思うこと »

2014年6月 5日 (木)

【素人目線】第69期本因坊戦第三局を観て思うこと。

 井山本因坊の2連勝で迎えた第三局。若い伊田挑戦者は白番でどう仕掛けるのか?局前そんなことを思っていたのだが、仕事中たまたま見た時に驚く一手が出た。白8(18の3)の大スベリ。囲碁なんて、盤上の交点ならどこに打ってもいいのだが、多少なりとも囲碁をかじった人なら驚くはずだ。

 素人でも覚える定石では、白8は18の4と小ゲイマにスベル。18の3はプロでさえ、この手は見たことがないという。今日になって、ちゃんと調べた人の回答があって、少なくとも公式戦では打たれたことがないらしい。たった1路なのだが、その意味合いが大きく違うのが囲碁。まして、それがタイトル戦ともなれば反響は大きい。この手がプロ棋士によってさらに研究され、果たして今後打たれるようになるかは分からないが、一種、異様な雰囲気で始まったのは確かだ。

 1日目の封じ手までは左辺から下辺をほぼ手中にした白と、左上隅から上辺にかけてを手中にし、尚且つ、左下隅もほぼ地にした黒では、互角の争いのように感じていた。そして、2日目の封じ手開封から、またしても素人には難解な状況になる。下辺の黒は死なないのか?右辺の白も完全に生きておらず、例の白8を起点にコウ絡みではないか?

 それでも解説を聞くと、白良しの形勢だとか?でも100手目前後の攻防が焦点だったようで105手目で下辺の黒生きが確定し、尚且つ、右上隅のコウに黒が負けても良い形になったような気がする。そこから、ズルズルと白は井山マジックに嵌っていく。タイトル戦ともなれば、随所でプロ棋士が検討しているが、上辺から膨らむ大きな地を確定した時点で勝負があったようだ。

 井山本因坊が凄いのは、秒読みに入っても間違えないということだ。的確に打ってくる。素人には解説がないと、何で?という手があるが、聞けば聞くほど、なるほどと思えるような手ばかり。その手に圧倒されるように伊田挑戦者の苦悶の表情が続く。勝負は残酷だ。そして、201手を見たところで投了。井山本因坊の3連勝となった。

 今回は伊田8段も勝機があっただけに悔しいだろう。でも、この経験は将来きっと生きてくる。かつてのタイトル戦をみても、3連敗の後、4連勝で逆転なんていうこともある。諦めないで欲しい。今回の白8のように斬新な手が打たれることを願っている。タイトル戦を感想戦まで映してくれるニコニコ生放送にも感謝したい。

 

« 「吉田調書、自民議員も閲覧ダメ 政府が拒否」(朝日新聞 http://bit.ly/1h8xYxV)の記事を読んで思うこと | トップページ | 「民主議員が告発した官僚の実態」(ライブドアニュース:http://bit.ly/1xhMNTI)を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59765373

この記事へのトラックバック一覧です: 【素人目線】第69期本因坊戦第三局を観て思うこと。:

« 「吉田調書、自民議員も閲覧ダメ 政府が拒否」(朝日新聞 http://bit.ly/1h8xYxV)の記事を読んで思うこと | トップページ | 「民主議員が告発した官僚の実態」(ライブドアニュース:http://bit.ly/1xhMNTI)を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ