« 【妄想】囲碁が流行るようになるには、全く知らない人でも内容が分かることが必要なのかもしれない? | トップページ | 読売新聞がこの半年で約52万部も減らしたことについて思うこと »

2014年6月 2日 (月)

松山英樹、メモリアルトーナメント優勝おめでとう!!

 朝、何気なくツイッターを開いたら、松山英樹・米ツアー初優勝の文字が目に留まった。その後、ラジオからもこの朗報が流れた。確かまだツアー参戦1年目だった。凄い、快挙だ。でも、メディアはこの快挙を通り一遍のニュースで伝えるだけで、サッカーW杯で1勝を上げたような大騒ぎは起こらなかった。既にゴルフが斜陽スポーツになってしまったのか、それともお金にならないからニュース価値がないのか、いずれにせよ、取り扱いが低すぎる。

 松山プロは昨年、日本ツアーで圧勝して今季米ツアーに参加したけれど、昨年末、痛めた手首が治らなかったのか、マスターズ予選落ちもあり、なかなか好成績に繋がらなかった。先週も3日目までは良い所に居ながら最終日に崩れてしまった。そんな状況だったから、3日目を終わった時点で3位だということは知っていたが、まさか最終日に3つスコア―を伸ばし、プレーオフで勝つなんて夢にも思わなかった。

 記事を読んで驚くのが、最終ホールでドライバーを折ってしまったことだ。まあ、この時点では1打ビハインドだったから、あまり気にしていなかったのかもしれないが、バーディーパットを決め、プレーオフに持ち込んだ時には、さぞ悔やんだことだろう。それでも、1対1の対決を制することが出来たのだから、彼の精神力は相当なものだ。本当に素晴らしい。

 これで彼は世界13位に浮上しただけでなく、2年後までのシード権、来年のマスターズ出場の権利も得た。安心してプレーが出来るが、それに甘んじていると成績の向上は望めない。もっとも、そんなことは彼が一番よく知っているはずで、最大目標であるメジャー制覇を達成するまでは、天狗になるようなことはなかろう。

 これまでニュースでは石川遼プロの動向は大々的に伝えられてきたけれど、松山プロは影のような扱いだった。この国のメディアは実力より”人気”が優先順位の一番なのだ。別に石川プロが悪いわけではなく、彼は一生懸命頑張っていると思うが、如何にせん、メディアが持ち上げすぎた。それが余計プレッシャーになってしまっているような気がしてならない。

 私は以前、このブログにも書いてきたけれど、私が生きているうちに日本人メジャー制覇が見たいのだ。まだ22歳と若い松山プロと石川プロが互いに切磋琢磨し、アメリカのコースを熟知してプレースタイルを確立した時に、その快挙が見られるのではないか。今回の松山プロの優勝でそんな気がした。松山プロ、優勝おめでとう。今後の活躍を期待したい。

« 【妄想】囲碁が流行るようになるには、全く知らない人でも内容が分かることが必要なのかもしれない? | トップページ | 読売新聞がこの半年で約52万部も減らしたことについて思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59748964

この記事へのトラックバック一覧です: 松山英樹、メモリアルトーナメント優勝おめでとう!!:

« 【妄想】囲碁が流行るようになるには、全く知らない人でも内容が分かることが必要なのかもしれない? | トップページ | 読売新聞がこの半年で約52万部も減らしたことについて思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ