« 「5歳衰弱死7年後発覚 児相、未就学を放置」(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 松山英樹、メモリアルトーナメント優勝おめでとう!! »

2014年6月 1日 (日)

【妄想】囲碁が流行るようになるには、全く知らない人でも内容が分かることが必要なのかもしれない?

 もうすぐサッカーのW杯が始まる。メディアの煽りも凄いが、実際に始まれば多くの国民が注目するのは目に見えている。しかし、つい20数年前まで、サッカーW杯のことを知っていた人がどれくらいいただろうか?オフサイドのルールはなかなか難しいがそれ以外は特に難しくない。尚且つ、W杯は国と国とのぶつかり合い。ナショナリズムを煽ると同時に、祖国の選手の気概を感じれば自ずと興奮する。

 テレビ中継もされていなかったので、私自身、聞いたことがある程度だった。でも、この面白さを世間に伝え、盛り上げようとしていた仕掛け人は必ず存在したのだ。今やプレーする人よりも単に観る人の方がはるかに多い。Jリーグはさておき、日本代表に関しては世間に浸透しているのである。

 そこで今や低迷を余儀なくされている囲碁だが、実際にやっているひとにとってはこれほど面白いものはないのだが、全く知らない人が観てもチンプンカンプンだ。陣取りゲームなんて言われても分からない。しかも、野球やサッカーよりはるかに時間はかかる。別に自分がやらなくてもいいけれど、観ていて分かるような仕組みができないと、なかなか普及には繋がらないような気がする。

 確かに頭が良くなるという名目で学校教育などに取り入れていくことは必要だし、もっと推進するべきだろう。しかし、決定的に欠けているのが”観ていてその面白さが分かる”と言うことのような気がする。

 サッカー解説の松木氏はほとんど戦術的な話はしないという。酒場で盛り上がるノリで叫び、嘆き、称賛している。私自身、最初はウザいと感じていたが、一人でテレビを観ている時には彼が解説者でないと興奮しないし盛り上がれない。

 別にタイトル戦で松木氏のような解説者を作れという訳ではないし、知っている人にとっては今、解説されている方の話だって興味津々に聞ける。だけど、全く知らない人には、今どちらが優勢なのかも分からないし、何より専門用語も分からない。せっかく、ニコニコ生放送で全部中継してくれていても、「訳が分からない」という残念なコメントがあるのは歯痒い。

 もちろん当事者の方々は素人の私が考えることぐらい承知しているのだろうが、あまり改革めいたことがなされているようには思えない。お金はかかるかもしれないけれど、ITを駆使して視覚的に対局の面白さが分かるような仕組みは出来ないものだろうか?全く囲碁を知らない人が観ても、手に汗握れるようなことになれば流行るようになるのではないか?そんな気がする素人の妄想でした。

« 「5歳衰弱死7年後発覚 児相、未就学を放置」(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 松山英樹、メモリアルトーナメント優勝おめでとう!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59743466

この記事へのトラックバック一覧です: 【妄想】囲碁が流行るようになるには、全く知らない人でも内容が分かることが必要なのかもしれない?:

« 「5歳衰弱死7年後発覚 児相、未就学を放置」(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 松山英樹、メモリアルトーナメント優勝おめでとう!! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ