« イスラエルによるガザ空爆。将来、間接的に日本もこれに加担するのか? | トップページ | 「死亡しても会社の責任問わず フィリピン人採用で誓約書」(共同通信:http://bit.ly/U8fB1C)の記事を読んで思うこと。 »

2014年7月12日 (土)

最近メディアで流行るもの…、私の関心事とは違うなぁ。

 最近メディアが大きく話題にしているニュースは3つ。号泣県議、脱法ドラッグ、そして、ベネッセコーポレーションの個人情報流出だ。もちろん重要なことは確かで、それ自体を批判するつもりはない。おそらくメディア側は我々庶民がどんな事に関心があるかを想定した上でのことだろう。

 しかし、個人的には安倍政権が勝手に現憲法下で勝手に戦争を出来る国にしてしまったことや、イスラエルの無慈悲とも言えるガザ空爆だ。この2つのことは、先に上げた3つのニュースに比べて身近に感じないからか?集団的自衛権容認は中国が尖閣に侵略して来たら大変だとか、北朝鮮の核開発、ミサイル開発への脅威を植え付け個別的自衛権と混同させている。

 そもそも政府は密接な国を具体的に説明したか?誰でも分かるけれど、それはアメリカであって、近隣諸国ではないことは明らかだ。仮に韓国が北朝鮮に攻撃されたら戦争に加わるだろうか?在韓国米軍が攻撃されなければ動かないはずだ。また、アメリカは先日、中国と行動軍事訓練を行った筈で、アメリカ国債を大量に保有している中国と戦争するには相当ハードルが高い。

 やはり軍事評論家が語るように、実際に行使される可能性が高いのは中東だ。石油確保が至上命題とばかりに、アメリカの傘下に入るという訳だ。閣議決定されてから、すぐさま小野寺防衛大臣がアメリカに出向き褒められる。大本営発表を垂れ流すメディアは「アメリカに褒められた、万歳!」とばかり報道する。TPPでアメリカに今以上に植民地化され、戦争となれば下請けのごとく戦場に駆り出されるということになるのか?

 嘘つき政権への支持率が未だ5割近くある国民の前には、私の危惧なんて単なる妄想でしか過ぎない。集団的自衛権容認閣議決定が下された最初の大きな選挙、明日の滋賀県知事選挙がどうなるか?それで今後の流れが見えてくると思う。滋賀県民の皆さん、投票には必ず行ってください、と心から願う。

« イスラエルによるガザ空爆。将来、間接的に日本もこれに加担するのか? | トップページ | 「死亡しても会社の責任問わず フィリピン人採用で誓約書」(共同通信:http://bit.ly/U8fB1C)の記事を読んで思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/59973763

この記事へのトラックバック一覧です: 最近メディアで流行るもの…、私の関心事とは違うなぁ。:

« イスラエルによるガザ空爆。将来、間接的に日本もこれに加担するのか? | トップページ | 「死亡しても会社の責任問わず フィリピン人採用で誓約書」(共同通信:http://bit.ly/U8fB1C)の記事を読んで思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ