« 検察審査会が福島第一原発事故に関して、東電旧経営陣を「起訴相当」と判断したことについて思うこと | トップページ | 「生かされなかった教訓」と言われても仕方ない。 »

2014年8月 1日 (金)

「すき家の過酷労働、改善要求 『深夜に1人』ダメ」(東京新聞:http://bit.ly/1naxfZr)の記事を読んで思うこと 

 この記事を読めば、安さの秘訣が良く分かる。厚労省も記者会見を開いていたようだが、2012年から労基署に指摘されながら、今まで改善できていないのだから、こういう経営者は労働基準法違反で検挙すべきではないのか?一罰百戒とは言いたくないが、新自由主義が横行し、労働法制が経営側圧倒的有利の方向になってから、労働者の人権を無視したような過重労働は戒めなければならないと思う。

 過労死してしまったら、身内が損害賠償請求で裁判に訴えて、仮に勝訴しても、何にもならない。大手企業はメディアに多大なスポンサー料を払っているからか、理研騒動の時のような狂った叩き方なんてしない。それが証拠に、ベネッセの個人情報流出事件も、マクドナルドやファミリーマートで期限切れの食肉が使われていた問題なんて、1週間も経った今では、ほとんど報道されなくなった。もっとも(これは邪推だが)大手メディア自体が、制作会社や契約社員に対して似たようなことを行っているから、あまり蒸し返したくないのかもしれない。

 人を死ぬほど使って業績向上なんて馬鹿げている。経済発展の4文字に踊らされて、新自由主義者の言いなりになってきた結果が、企業には内部留保が300兆円ぐらい貯まり、庶民は疲弊していくという姿だ。この上、まだ法人税を下げて、消費税は上げるなんて言っている。消費増税分は全て社会福祉に回しますなんて言っておいて、全然違うことにも平気で使っている。また、日本の英雄気取りで海外を飛び回っては経済支援と称してボンボン金をばら撒いてくる偉いサンがいる。狂っているとしか言いようがない。

 話が飛躍しすぎてしまったが、このまま新自由主義で弱肉強食社会を続ければ、格差がさらに増大して国力が衰退していく可能性が高い。早く、こんな馬鹿げた思想は排除すべきだ。

« 検察審査会が福島第一原発事故に関して、東電旧経営陣を「起訴相当」と判断したことについて思うこと | トップページ | 「生かされなかった教訓」と言われても仕方ない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/60080143

この記事へのトラックバック一覧です: 「すき家の過酷労働、改善要求 『深夜に1人』ダメ」(東京新聞:http://bit.ly/1naxfZr)の記事を読んで思うこと :

« 検察審査会が福島第一原発事故に関して、東電旧経営陣を「起訴相当」と判断したことについて思うこと | トップページ | 「生かされなかった教訓」と言われても仕方ない。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ