« 「東電が排水設備申請 汚染地下水 放出ありき」(東京新聞:http://bit.ly/1oGQnE4)の記事を読んで思うこと | トップページ | 佐世保高1殺害、徹底調査を要望 家裁に元判事ら」(東京新聞:http://bit.ly/1yzDDQn)の記事を読んで思うこと »

2014年8月13日 (水)

「4~6月期GDP年率6・8%減 消費増税で、前回より下げ幅大」(東京新聞:http://bit.ly/1ou5f9D)の記事を読んで思うこと

 消費増税後の4-6月期のGDPが年率6.8%のマイナスになった。前回の消費増税の時は3.5%のマイナスだったのだからほぼ倍の値だ。それでも政府は「想定内」だという。しかも、経済対策は打たないという。今朝、文化放送「お早う、寺ちゃん活動中」の中で経済評論家の三橋貴明氏が語っていたような流れになっている。財務省は何が何でも消費税を10%にしたいのだ(怒)。

 前回の消費増税時とは違い、今回はまだデフレが回復しない中、経済原則に反して行った。アベノミクスとやらで異常な金融緩和を行い円安に導き株価は確かに上昇したかもしれないけれど、輸出は回復しないし逆に原油等が値上がりしている。物価が上がったといっても、その大きな原因は原油高に伴うものが大きいのであって、それ以外の物で、我々庶民が「値段が上がったなぁ」なんていう商品はほとんどない。

 もっとも、そこは企業努力があって、内容量を変えたり、材質を変えたりしているのだろう。当然それは中小企業経営に直結する。消費税を上乗せできない企業も4割程度あるというし、原材料は消費税分だけは間違いなく上がっているのだから、この先、倒産する企業が増えるのは目に見えている。悲劇としか言いようがない。

 太平洋戦争中のミッドウェイ海戦で日本海軍は大惨敗したが、メディアは大本営発表通り、「転進」などと言う言葉で国民を騙した。私の両親などは、実際に空襲に遭うまで、戦争には勝っていると思っていたという。この消費増税の報道も、多くが政府発表に対して批判の目を向けていない。株価も暴落していないからかもしれないが、前回より倍も落ちていて、何もしないなんて愚の骨頂だ。

 個人的には来春行われる地方自治体の選挙を鑑みて、一度は消費増税に待ったをかける可能性があると踏んでいる。そうすれば、それに騙されて、また庶民は辛い目に合う。何せ投票に行かないのだからどうしようもない。またしても私の終末思想が全開してしまう(笑)。

 

« 「東電が排水設備申請 汚染地下水 放出ありき」(東京新聞:http://bit.ly/1oGQnE4)の記事を読んで思うこと | トップページ | 佐世保高1殺害、徹底調査を要望 家裁に元判事ら」(東京新聞:http://bit.ly/1yzDDQn)の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/60145473

この記事へのトラックバック一覧です: 「4~6月期GDP年率6・8%減 消費増税で、前回より下げ幅大」(東京新聞:http://bit.ly/1ou5f9D)の記事を読んで思うこと:

« 「東電が排水設備申請 汚染地下水 放出ありき」(東京新聞:http://bit.ly/1oGQnE4)の記事を読んで思うこと | トップページ | 佐世保高1殺害、徹底調査を要望 家裁に元判事ら」(東京新聞:http://bit.ly/1yzDDQn)の記事を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ